TwitterJSの全ロード
グルメ

【新発売】ローソンのからあげクン七味唐からし味を食べてみた!

からあげクン 七味唐からし味を実食

2024年1月23日(火)にローソンが発売を開始した、からあげクンの新作「七味唐からし味」が、SNSでもおいしいと話題になっているので気になっている方も多いでしょう。

今回は、新作のからあげクン 七味唐辛子味の値段やカロリーをはじめ気になる味の魅力、実食したレビューをご紹介します。

結論から言うと、からあげクン 七味唐辛子味の値段は248円(税込)で1食分233キロカロリー、ピリッとした辛味が後を引くおいしさです!

ローソンのからあげクン 七味唐からし味の値段やカロリーの解説

七味唐からし味の値段やカロリー

2024年、2つ目の新作として登場したローソンのからあげクン「七味唐辛子味」は、長野県の七味唐辛子メーカー八幡屋礒五郎製造の七味唐辛子が使われています。

過去、ゆず七味味や七味マヨネーズ味でも使用されたのが八幡屋礒五郎製の七味唐辛子で、今回は素材の風味をそのまま楽しめるよう七味唐辛子味を開発されました。

まずは、からあげクン「七味唐辛子味」の値段やカロリー、からあげクン レッドと何が違うかを解説します。

からあげクン 七味唐からし味の値段

ローソンの新作からあげクン 七味唐からし味の値段は、税込248円です。期間限定商品の多くは、238円の定番商品よりも10円~20円ほど高い値段がつけられています。

しかも、からあげクン 七味唐からし味は国産のむね肉や八幡屋礒五郎の七味唐辛子を使っているので、かなり値段が抑えられているのではないでしょうか。

そのため、ワンコイン500円で2個買えるからあげクン 七味唐辛子味は、どちらかというとお手頃な値段といえます。500円あれば定番のレッドとの食べ比べも可能ですね。

からあげクン 七味唐からし味のカロリー

七味唐からし味のカロリー

からあげクン 七味唐からし味のカロリーは、1食分で233キロカロリーです。レギュラーやレッドが225~226キロカロリーなので、少し高めのカロリーだと言えます。

とはいえ、辛いものを食べると脂肪燃焼効果がありますし、約10キロカロリーなら多いとも言えないでしょう。

また、食塩相当量は1.4g・糖質が7g程度なのでロカボフードですし、たんぱく質が15gと成人男性の1日に必要なたんぱく質の約23%を補えます。

【からあげクン 七味唐からし味1食分の栄養成分】

・カロリー:233kcal

・たんぱく質:15.0g

・脂質:15.9g

・炭水化物:7.7g(糖質:7.0g/食物繊維:0.7g)

・食塩相当量:1.4g

辛いからあげクンの定番レッドとの違い

ピリッと辛いからあげクンといえば、定番のレッドと変わらないのではないかと思う方がいるかもしれません。しかし、やはり八幡屋礒五郎の七味唐辛子を使用しているので、違いがはっきりしています。

からあげクン レッドには国産の唐辛子が使用されているものの、唐辛子の辛味だけです。また、ジューシーなからあげクンの肉汁で、辛味が少し和らぐのが特徴でしょう。

からあげクン 七味唐辛子味には7種類の香辛料や薬味が使用されているので、複雑な辛味と爽やかさが後を引くおいしさに繋がってます。

ローソンのからあげクン 七味唐からし味に使われた素材の魅力を解説

素材の魅力

2024年1月23日(火)から発売されたローソンのからあげクン 七味唐からし味は、長野県のお土産としても人気の八幡屋礒五郎の七味唐辛子が使用されています。

日本三大七味唐辛子の1つでもある、八幡屋礒五郎の七味唐辛子は全国のスーパーでも取り扱われているため、見たことがある方も多いでしょう。

これまでにもからあげクンのフレーバーに使われていた素材、八幡屋礒五郎の七味唐辛子の魅力について解説します。

八幡屋礒五郎は約290年の歴史ある七味唐辛子

からあげクン 七味唐からし味に使われている八幡屋礒五郎の七味唐辛子は、創業が1736年と約290年の歴史ある七味唐辛子です。

八幡屋礒五郎が誕生した長野県は、信州の中でも陳皮に使われるミカン以外の原料を栽培するのに適した土地だったため、七味唐辛子の生産にも適していました。

当時から善光寺詣りをする方が多く、参詣者がお土産として八幡屋礒五郎の七味唐辛子を購入し、全国に広まったのでしょう。

長野県産の唐辛子など原材料の多くは国産

八幡屋礒五郎の七味唐辛子には、主な辛み成分の唐辛子と山椒に生姜という辛みと香りを併せ持つ素材、そして麻種(おたね)に胡麻・陳皮・紫蘇という風味と香りを引き立たせる7つの素材が使われています。

元々、陳皮以外の素材は地元農家や周辺地域から仕入れていましたが、製造量の増加と共に県外や輸入品に頼るようになったそうです。

しかし、現在は原点に戻って唐辛子の生産をするようになり、他の素材も県内で生産される材料を使い「信州ならではの七味唐辛子」を目指しています。

3つの辛さと爽やかな風味がアクセント

前述しましたが、八幡屋礒五郎の七味唐辛子には3つの辛味を持つ素材が使われています。ヒリヒリとした唐辛子にピリッとする山椒、ピリリと爽やかな生姜、それぞれの辛味と風味が爽やかです。

そこに麻種や胡麻、陳皮に紫蘇という香ばしさや芳醇さを持つ香りの素材をプラスし、秘伝のブレンドやお客様の好みに応じて調合しています。

からあげクン 七味唐辛子味の開発時にも、八幡屋礒五郎の七味唐辛子の味を十分に味わえるよう、試行錯誤の上で調合したのでぜひ一度食べてみてください。

ローソンのからあげクン 七味唐からし味を実食した味のレビュー

七味唐からし味の実食レビュー

ここからは、ローソンのからあげクン 七味唐からし味を購入して実食したレビューをご紹介します。

筆者は元々辛いものが好きなのですが、山椒や唐辛子の辛みが苦手な人は1口でギブアップするかもしれません。

結論から言うと、七味唐辛子の爽やかな香りが程よく後を引く辛さが最高だったので、定番にしてほしいくらいおいしかったです!

開封前からスパイシーな香りが広がる

スパイシーな香り

からあげクンが並ぶホットスナックの陳列棚でも、「七味唐辛子味」の文字と八幡屋礒五郎のブリキ缶が描かれ、ひと際目を惹くパッケージです。

キャラクターも辛さで汗をかいているように見えますし、どのくらい辛さが強いのか期待しつつ購入すると、すでに七味唐辛子の爽やかな香りが食欲を刺激してきます。

鼻を近づけると、スパイシーさと陳皮・山椒の爽やかさにからあげクン自体の油分を感じ、食べ歩きしたいくらいの気持ちでした。

衣にも七味唐辛子が使われている

七味唐辛子

上の写真を見て頂くと分かるように、衣にも点々と七味唐辛子の粒が見え、辛いもの好きの心をくすぐりますね。

実際に噛んでみると、ジューシーなからあげクンの肉汁とピリッとする山椒を感じ、噛むごとに7つの素材からさまざまな風味を感じられました。

確かに八幡屋礒五郎の七味唐辛子を感じますし、ほんのりと後を引く唐辛子の辛さで2つ、3つと手を伸ばしてしまうおいしさです。

辛いもの好きならたまらないおいしさ

後を引くおいしさ

山椒が苦手で無ければ、からあげクン レッドを食べられる方におすすめしたい辛さで、7つの複雑な風味を楽しんでもらえるでしょう。

しかし、パッケージ上部に記載されているように、辛いものが苦手な方はギブアップしても食べてもらえる方と一緒に購入することをおすすめします。

筆者が実食して一番感じたのは「販売期間を延ばしてほしいほどおいしい」だったので、辛いものが好きな方はぜひローソンに行って手に取ってみてください。

ローソンのからあげクン 七味唐からし味の値段やカロリーと実食レビューまとめ

今回は、ローソンのからあげクン 七味唐からし味について、値段やカロリーの解説と実食レビューをご紹介しました。

SNSでもおいしい・リピートしたいなどの声が多く、辛さと旨みがしっかりしているので、気になる方にはぜひ食べていただきたいです。

お酒のおつまみや間食にもぴったりですが、辛いものが苦手な人だと「辛すぎる」と感じる可能性があるので、辛いもの好きな人と一緒に食べてみてください。

ABOUT ME
アバター画像
コンビニなう編集部
365日コンビニを利用しているコンビニなう編集部です!セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート等のコンビニに関する最新情報を最速で更新しています。実際に購入したコンビニ新商品のレビューやお得なキャンペーン情報はTwitterでも随時更新中♪
★書出-タバコ(DRV)(1-DRS除外,2-SLASH除外)
特別処理-U-NEXT
特別処理-カロリミット(ダイエットサプリ)
あわせて読みたい記事