TwitterJSの全ロード
グルメ

【ローソン】白すぎなカレーうどんは美味しい?気になる味をレビュー

2024年1月23日(火)に発売された、ローソンで人気のちょいシリーズ「白すぎなカレーうどん」は、真っ白な見た目でカレーうどん?とSNSで話題になっています。

今回は、ローソンで発売中の白すぎなカレーうどんは美味しいのか、値段やカロリーの解説と実食した味のレビューをご紹介いたしましょう。

結論から言うと、出汁が効いた白いクリームとスパイシーなカレーが合わさり、マイルドでコク深い味わいの絶品カレーうどんでした!

ローソンの「白すぎなカレーうどん」の値段やカロリー

白すぎなカレーうどんの値段やカロリー

SNSでも話題になっている、ローソンで2024年1月23日(火)に新発売となった「白すぎなカレーうどん」は、現在売れ行きが好調で店頭で見かける機会が減ってきました。

ランチや夜食でちょっと食べたい時にぴったりな、ローソンのちょいシリーズから展開されていて、真っ白な見た目でカレーうどんという一風変わった商品です。

まずは、白すぎなカレーうどんの値段やカロリーの解説に加え、物足りない時にプラスするおすすめの副菜やサラダをご紹介していきましょう。

白すぎなカレーうどんの値段

ローソンで人気のちょいシリーズの麺類は、ほとんどが397円(税込)です。しかし、新発売の白すぎなカレーうどんは税込430円と少し高い値段がついています。

通常サイズのざるそばやわかめそばと同じ値段のため、少し割高だと感じてしまう方もいそうですが、メインとなるうどんが国内製造で安心できる素材が使われているためでしょう。

さらに、真っ白なホワイトソースには値上がりが続いている小麦粉や卵白が使われていますので、ちょいシリーズの中でもコストがかかっていると考えられます。

白すぎなカレーうどんのカロリー

続いて、白すぎなカレーうどん1食あたりのカロリーは、ちょいシリーズならではの302キロカロリーです。夜食にしても罪悪感が少ないですし、プラスで副菜を選びやすいカロリーです。

うどんとホワイトソースが入っているため、糖質は51.1gと少し高めですが、脂質は5.5gと控えめなので少量サイズだと安心して食べられます。

低カロリー低脂質の白すぎなカレーうどんは野菜が玉ねぎだけなので、副菜で不足しがちなビタミンやミネラルをプラスしましょう。

【白すぎなカレーうどん1食分あたりの栄養成分】

・カロリー:302kcal

・たんぱく質:10.1g

・脂質:5.5g

・炭水化物:54.8g(糖質:51.1g/食物繊維:3.7g)

・食塩相当量:3.46g

白すぎなカレーうどんにプラスするおすすめな副菜

先述した通り、白すぎなカレーうどんの具材はうどんと玉ねぎのみというシンプルなメニューのため、ビタミンやミネラル不足が気になります。

白すぎなカレーうどんにおすすめの副菜は、ひじきや根菜がたっぷり入ってたんぱく質も豊富な「豆腐とひじきの和風サラダ」、ビタミン豊富な「5種緑野菜の胡麻和え」です。

他にも、五目白和えや8種具材の切干大根サラダ、8種具材の豆腐とひじき煮といったお惣菜をプラスすると、栄養バランスも整います。

白すぎなカレーうどんの白いクリームはいったい何?

カレーうどんの白いクリーム

ローソンで今大注目の「白すぎなカレーうどん」は、真っ白くまったりとしたソースが表面を覆っています。見た目はゆるくホイップされた生クリームのようで、どんな味がするのか気になっている方も多いようです。

結論から言いますと、白すぎなカレーうどんを覆っているクリームの正体は、卵白入りホワイトソースで生クリームではありません。そして、ソースの下にはカレーうどんのお出汁が隠れています。

この白いクリームの下に一般的なカレーうどんを隠すスタイルについて、また2000年代初頭に話題になった白いホワイトカレーについてを解説していきましょう。

白いクリームでカレーうどんを隠すスタイルは2012年にブームになった

ローソンで人気の「白すぎなカレーうどん」は、2012年にブームとなった白いカレーうどんが原型だと考えられます。恵比寿の蕎麦屋「初代」が考案した白いカレーうどんが発祥です。

生クリームと出汁、じゃがいものエスプーマを合わせたムースがかかっていて、当時テレビで紹介されて以降は全国でさまざまな店がアレンジをし、独自のメニューが考案されています。

ローソンの「白すぎなカレーうどん」は卵白を使ったホワイトソースですが、飲食店ではじゃがいもを使っているケースが多いようです。

2006年頃には白いホワイトカレーが話題になった

カレーうどんではありませんが、2006年頃にさまざまなメディアが取り上げ話題になったのが、白いホワイトカレーです。1998年にオープンした北海道帯広市のカレー店が発祥で、現在も当時から変わらない味を楽しめます。

クリームソースがベースとなり、カレーならではの色を付けるターメリックやチリペッパーなどのスパイスを使わず、コリアンダーやクミンなどを使用するのです。

さらに、煮込む際の水分も牛乳やヨーグルト・ココナッツミルクなど白いものを使いますが、お家で簡単に作れるレトルトも販売しているので、気になる方は購入してみましょう。

カレーの本場インドにも白いカレーがある

カレーといえば本場はインドですが、インドでも一般的な黄色みがかったオレンジ色のカレーが一般的です。ほうれん草など葉野菜を使った緑色のカレーもありますし、実は白いカレーも存在します。

南インドのココナッツやカシューナッツをペーストにした「クルマ」、西インドのヨーグルトとカシューナッツのペーストを使った「セーフドマアス」が白いカレーです。

どちらもクリーミーですが、スパイスをしっかり使っているため辛さはあります。白いカレーがあるインド料理屋が近くにある方は、一度食べてみてください。

白すぎなカレーうどんを実食した味の感想レポ

白すぎなカレーうどんを実食

最後に、ローソンで購入したちょいシリーズの「白すぎなカレーうどん」を実食した、味の感想をレビューしていきましょう。

売れ行きが好調過ぎて購入時はラスト1個でしたし、翌日も食べたいと思い別店舗にも向かったのですが売り切れていました。次に買えるのはいつになるのか、今でももう一度食べたいです。

実食時に撮影した写真とともに、見た目や味をレビューしていきますので、これから食べるという方はぜひ参考にしてください。

ホワイトクリームに覆われていてカレーの存在が分からない

カレーの存在が分からない

筆者が購入した白すぎなカレーうどんは、ほんのり黄色いカレーソースが見えていましたが、SNSでは全面が白いクリームに覆われているものが多かったです。

パックされていない状態だと、見ただけでカレーうどんだと気づく方はいないと思います。購入した筆者でさえ、一瞬「本当にカレーうどんを購入したのか?」と不安になりました。

しかし、フタを開けて匂いを確認してみるとスパイシーなカレーの香りを感じられたので、ラベルの通り500Wで3分レンジで温め実食します。

色は淡いがスパイスの香りがふわっと漂う

レンジで温めたカレーうどん

上の画像は3分レンジで温めた状態ですが、下に隠れていたカレーソースが容器の端から出てきています。ホワイトクリームが少し泡立ち、カプチーノの泡のようです。

真っ白な泡の部分だけを少し食べてみたところ、和風出汁の風味があるのにクリーミーで少し不思議な感覚を覚えましたが、カレーソースと合わさるとどうなるのでしょうか。

うどんの麵が少し固まっているので、しっかり麵を持ち上げて混ぜた方が良さそうです。すでにカレーうどんにしては色が白っぽい気もしますが、しっかり混ぜていくとパステルイエローになります。

本格的な出汁の効いたカレーソースとモチモチ食感のうどんが絶妙

美味しいカレーうどん

白いところが残ったままだとカレーソースのスパイシーさが、白いところがなくなるまで混ぜるとクリーミーで優しい味にと変化します。

モチモチとした食感のうどんに、クリーミーで出汁のきいたカレーソースが絡みつき、ちょいシリーズながらもボリュームを感じさせられました。

見た目のユニークさとは裏腹に、味のクオリティが追求された美味しいカレーうどんに仕上げられているので、気になっている方はぜひローソンで購入してください。

ローソンの「白すぎなカレーうどん」の値段や味を実食レビューまとめ

本記事では、ローソンで販売中の「白すぎなカレーうどん」について、値段やカロリーの解説に実食した味のレビューをご紹介しました。

ちょいシリーズから展開された白すぎなカレーうどんの値段は税込430円で、302キロカロリーと低カロリー低脂質です。

クリーミーで辛さが抑えられ、出汁の旨味がしっかり効いた美味しいカレーうどんなので、ぜひお近くのローソンで見かけた際には購入して食べてみてください。

ABOUT ME
アバター画像
コンビニなう編集部
365日コンビニを利用しているコンビニなう編集部です!セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート等のコンビニに関する最新情報を最速で更新しています。実際に購入したコンビニ新商品のレビューやお得なキャンペーン情報はTwitterでも随時更新中♪
★書出-タバコ(DRV)(1-DRS除外,2-SLASH除外)
特別処理-U-NEXT
特別処理-カロリミット(ダイエットサプリ)