コンビニコラム

2023年と2024年のタバコ値上げはいつから値段がいくらになる?

2023年と2024年以降のタバコ値上げ

防衛費財源の確保により「タバコ税ドクターベイプモデル2」が増税するかもしれない…と不安を覚える方もいますが、果たしていつからいつまでにタバコの値段がいくらになるのでしょうか?

結論から言うと、現状2023年にタバコ税が増税する見通しは立っておらず、2024年度以降に段階的にタバコ税が増税されていく見通しが立っている事が知られています。

本記事では、そんな2023年・2024年以降のタバコ税が「いつからいつまでに値段がいくらになるか」最新情報を踏まえて解説していきます。

2023年と2024年のタバコ税値上げはいつからいつまでに値段がいくらになる?

タバコ税の値上げを計算するイメージ画像

早速、2023年と2024年のタバコ値上げがいつからいつまでに値段がいくらになるか解説します。2022年10月に値上げが行われたばかりのタバコですが、いつからいくらになるのでしょうか?

結論から言うと、冒頭でもお伝えしている通り、現状2023年にタバコ税が増税される事は決まっておらず、2024年以降に増税される見通しとなっています。

本項では、そんなタバコ税がなぜ増税されてタバコが値上げするのかを最新情報を踏まえて解説していきます。タバコの値上げ事情を詳しく知りたい方は必見の内容です。

いつからいつまでにタバコ税がいくら値上げとなるか・税制調査会の内容の最新情報を知りたい方は、コンビニなうを定期的にチェックしてみてください。

対象は加熱式タバコ銘柄で1本換算で3円程度の段階的な引き上げが行われる

今回のタバコ税の増税の対象は加熱式タバコ銘柄のみで、紙巻きタバコ・葉巻(リトルシガー)は値上げされません。しかし、今後の議論の進み方によっては変わるかもしれないです。

なお、値上げ額は1本換算で3円程度の段階的な引き上げとされています。したがって、1箱(20本入り)の標準的なタバコに置いては、1箱当たり税金だけで60円も値上げされます。

2023年1月時点で、メジャーなタバコ銘柄に多い値段は500円台です。銘柄によっては、2024年以降600円台が見えてくるので喫煙者の方は覚悟しておかないといけません。

タバコ税増税の措置が始まる時期は2024年以降の適切な時期とされている

タバコ税増税の措置が始まる時期は自民党の「税制調査会」にて明確には触れられておらず、措置を始める時期は2024年以降の適切な時期にするとだけ話されました。

なお、加熱式タバコは毎年10月1日に値上げが施行されている事から、2024年以降のタバコ税増税の措置の際も恐らく10月1日に値上げが施行されるのでは無いでしょうか?

明確に「いつからいつまでにタバコ税がいくら引き上げられるか」を知りたい方は、Twitterやニュースサイトで最新情報を適宜チェックしてみてください。

防衛費増額の財源を賄う為に増税策の1つとしてタバコ税が組み込まれる

今回のタバコ税の増税は防衛費増額の財源を賄う為の増税策の1つです。2022年12月15日の自民党の税制調査会にて「タバコ税」「所得税」「法人税」が組み合わされる案が了承されました。

なお、今回の防衛費増額の話の発端には「ロシアのウクライナ進行に始まり北朝鮮のミサイル実験」といった外界からの防衛力の強化が求められている事が考えられます。

また、今回の防衛費増額は2023年から5年間にかけて43兆円もの莫大な金額を確保する方向で纏まりました。今後どのように議論が進み落ち着くのか、喫煙者は動向を追う必要があります。

永久保証付きで増税の対象にならないドクターベイプモデル2をご紹介!

ドクターベイプモデル2ドクターベイプモデル2

2024年以降もタバコ増税による値上げが懸念され、タバコ代に頭を悩ませる喫煙者が後を絶ちません。そこで、タバコ増税の対象にならない新型タバコドクターベイプモデル2ドクターベイプモデル2」をご紹介!

有害物質を一切含んでおらずタバコ製品に分類されないので増税の心配が無い上、1箱で紙巻きタバコ4箱分吸える圧倒的なコスパを誇っているのでお得な値段で喫煙を楽しむことができます。

また、デバイスの故障・破損・自己破損が起きても年2回まで無償交換可能な永久保証、フレーバーがずっと20%OFFの値段で買える特典が付いているのでタバコ代を抑えたい方に最適です。

タバコ値上げ後の救世主である「ドクターベイプモデル2」が、数量・期間限定57%OFFで購入できます。お得に買えるのは今だけなので、少しでも気になった方は公式サイトドクターベイプモデル2にお急ぎください!

2024年以降に増税される見通しのタバコ税値上げに対する口コミをご紹介

タバコ税の口コミを星で表すイメージ画像

2024年以降に行われるであろうタバコ税増税の概要について解説してきた所で、続いてはタバコ税増税に対する口コミや評判をご紹介していきます。世論が気になる方は是非ご覧ください。

結論から口コミの総評をお伝えすると、増税に対して否定的な意見が大半を占めており、タバコ税増税に対して賛成派の意見は少ないように思えました。

Twitter・Yahoo!ニュースといったリアルな口コミが分かるサービスを利用して、増税に対する様々な意見を収集しています。

【賛成派意見】2024年以降に増税される見通しのタバコ税値上げに対する口コミ

先ずは、2024年以降に増税される見通しのタバコ税値上げに対する「賛成派」の口コミから解説していきます。賛成派は少ない印象でしたが、確かな意見を主張している方が見受けられました。

中でも多数の共感を獲得していた「他国と比べて格安だから値上げに賛成」「防衛費に使われるなら値上げに賛成」「体に害を及ぼすものだから賛成」の3意見を解説していきます。

タバコ税値上げに対する賛成派の口コミ:他国と比べて格安だから値上げ賛成

先ず、ご紹介していくタバコ税値上げに対する賛成派の口コミは「他国と比べて格安だから値上げ賛成」です。他国よりもタバコ税が安いから取り締まり強化を願うという物でした。

この主張に関してはツイート主の主張が正しく、実際に財務省が出している「主要国におけるタバコ税の概要」を見てみると日本のタバコ税の税率は高い事が見て取れます。

しかし、他国のタバコ税が高いから日本のタバコ税が値上げして良いという考え方は安直すぎます。どのような経緯があって他国にタバコ税が設けられているかを考える必要がありそうです。

主要国におけるタバコ税の使われ方まとめ

以下は、主要国におけるタバコ税の使われ方をまとめた物です。タバコ税という事もあり健康保険料の補填や、医療費・健康教育・予防措置に各国が使用している事が分かりました。

アメリカ アメリカでは、州や地域にもよりますが、医療費・健康教育・予防措置などの健康に関するプログラムに使われています。一部の州ではタバコによる健康被害の補償に使われる事もあります。
イギリス イギリスでは、医療費・健康教育・予防措置・タバコ防止のための教育プログラム・タバコによる健康被害の補償に使われています。
ドイツ ドイツでは、健康保険料に対する負担を軽減する為に、健康保険に関連する費用に使用されます。上記の国と同様に、タバコ防止のための教育プログラムやタバコによる健康被害の補償にも使われています。
フランス フランスも上記の国と同様で、国の一般財源として使用されます。また、健康保険料に対する負担を軽減する為に、健康保険に関連する費用に使用される事もあります。

タバコ税値上げに対する賛成派の口コミ:防衛費に使われるのであれば値上げ賛成

続いてご紹介していくタバコ税値上げに対する賛成派の口コミは「防衛費に使われるのであれば値上げ賛成」です。防衛費という使い道であれば、使われることに抵抗が無い方の主張です。

こちらの意見は反対意見も沢山見受けられましたが、多くの方は「防衛費にお金が使われる」点は問題ないとしていました。タバコ税が使われるという点が対立を生んでいるようです。

また「タバコをポイ捨てしている人がいるから賛成だと思ってしまう」「害があるなら賛成」といった、喫煙者・タバコに対する世間の痛い視線が元となった意見も多数見受けられました。

タバコ税値上げに対する賛成派の口コミ:体に害を及ぼすものであれば値上げ賛成

最後にご紹介していくタバコ税値上げに対する賛成派の口コミは「体に害を及ぼすものであれば値上げ賛成」です。体に害を及ぼす「酒」や「タバコ」なら値上げに賛成という方もいました。

このベクトルの賛成意見の多くは、タバコに対して嫌悪感を抱いている方が大半で「タバコを職場で吸っている同僚の咳が煩く集中できない」といった事が根拠の方もいます。

なお、2020年には国内の喫煙者の割合は約20%とされており、嫌煙家の割合が約70%とされています。したがって、タバコが嫌いな方の内で賛成意見を出す方は国内に大勢いるのです。

【否定派意見】2024年以降に増税される見通しのタバコ税値上げに対する口コミ

続いては、2024年以降に増税される見通しのタバコ税値上げに対する否定派の口コミを見ていきましょう。結論から言うと「取れる所から取るスタンス」に反対している方が大勢いました。

なお、タバコ値上げには反対していても防衛費財源に充てられる点には納得している方がいる等、反対意見の中でも様々な主張を持っている方が大勢見受けられます。

タバコ税値上げに対する否定派の口コミ:国防の為に使われるなら国民全員が払うべき

先ず、ご紹介していくタバコ税値上げに対する反対派の口コミは「国防の為に使われるなら国民全員が払うべき」です。日本の防衛費だから国民全員で払うべきという意見ですね。

今回の防衛費増額に充てられる財源は「タバコ税」「所得税」「法人税」となっており、数ある税金の中でもタバコ税が対象となる事を不満に思う方が出てきてもおかしくはありません。

国を守るためなのは分かるけど平等性が無い点を課題だと考えている方は大勢見受けられるので、今後の税制調査会にて深く話し合われる点であると予想できます。

続いてタバコ税値上げに対する否定派の口コミ:度重なるタバコの値上げに参っている

続いてご紹介していくタバコ税値上げに対する反対派の口コミは「度重なるタバコの値上げに参っている」です。喫煙者からの反対が最も多く見受けられた反対意見だったように思えます。

紙巻きタバコは2021年まで、加熱式タバコは2022年10月まで度重なる値上げが続いてきました。そんな苦しい中、タバコ税が防衛費増額の為に値上げする事態になれば反対意見は出ます。

なお、1本あたり3円程度の段階的な引き上げとされているので、1箱当たり60円の値上げとなります。今後、荒れに荒れているタバコ税増税がどのような展開を見せるのか必見ですね。

タバコ税値上げに対する否定派の口コミ:取れる所から取るスタンスが気に入らない

最後にご紹介していくタバコ税値上げに対する反対派の口コミは「取れる所から取るスタンスが気に入らない」です。上記ツイートは葉タバコ農家の方が苦言を呈している内容です。

タバコの消費者では無い生産者側の立場の方もタバコ税引き上げに苦しんでいるようですね。また、パチンコ税を作って徴税しない事に対しても不満を感じているようです。

反対派意見の総評としては、取れる所からお金を集める姿勢や不公平性に不満を持つ方が多かったです。今後、口コミに大きな動きがあれば本記事を最新情報に更新していきます。

【今なら79%OFF】コスパ最強で全額返金保証付きのドクタースティックタイプXをご紹介!

ドクタースティックタイプエックス バナー

度重なるタバコ値上げを受けて「安いタバコに乗り換えよう」と考える喫煙者は多いです。そこで、コスパ最強で全額返金保証付きの新型「ドクタースティックタイプエックス」をご紹介!

1箱でタバコ約30箱分も吸引可能な大容量と喉にガツンと来る濃厚な吸い応えを実現しているので、お財布に優しい値段で愛煙家も唸る極上の満足感を体感することができます。

更に初回購入から30日間は全額返金保証が付いているため、実際に吸ってみて満足できなければ返金・返品を求めることが可能で電子タバコ初心者でも不安を感じること無くスタート可能です。

コスパ最強で保証まで付いているドクタースティックタイプエックスが、今なら11,220円引きで購入できます。少しでも興味が湧いた方は、この機会に公式サイトにアクセスしてみてください!

1本換算で3円のタバコ税値上げが行われた時の主要タバコ銘柄の値段

タバコを折るイメージ画像

本記事の最後に、1本換算で3円のタバコ税値上げが行われた時の主要タバコ銘柄の値段を解説していきます。1本当たり3円の値上げですので、1箱当たり60円の値上げで算出していきます。

本項ではPMJ(フィリップモリスジャパン)・BAT(ブリティッシュアメリカンタバコ)・JT(日本タバコ産業)の銘柄をご紹介するので、他社タバコを吸っている方は自分で計算してみてください。

また、いつからいつまでにタバコ税がいくら引き上げられるかは、追って本記事でもご紹介していきます。タバコ税値上げの最新情報が知りたい方は、是非定期的にチェックしてみてください。

現在、税制調査会では「加熱式タバコ」のみ値上げが話し合われています。

PMJ(フィリップモリスジャパン)の主要タバコ銘柄が値上げした時の値段

先ずは、PMJ(フィリップモリスジャパン)の主要タバコ銘柄が値上げした時の値段をご紹介します。PMJの銘柄はアイコスイルマで吸える「テリア」「センティア」が挙げられます。

1本当たり3円の値上げで計算してみた所、テリアが1箱640円(税込)・センティアが1箱590円(税込)となります。廉価タバコスティックのセンティアも600円に届く値段になってしまいますね。

PMJ(フィリップモリスジャパン)の主要タバコ銘柄の値上げまとめ

(税込) 値上げ前 値上げ後 値上げ幅
テリア 580円 640円 60円
センティア 530円 590円 60円
マールボロ 580円 640円 60円
ヒーツ 530円 590円 60円
ミックス 510円 570円 60円
2023年1月よりヒーツ・マールボロの銘柄が段階的に販売終了します。また、全てのブレード型IQOS専用たばこが2024年1月を目途に販売在庫がなくなり次第終了となります。

BAT(ブリティッシュアメリカンタバコ)の主要タバコ銘柄が値上げした時の値段

続いてはBAT(ブリティッシュアメリカンタバコ)の主要タバコ銘柄が値上げした時の値段をご紹介します。BATはグローシリーズがあり、各デバイスに対応している銘柄が多数存在しています。

そして、これら銘柄が1本当たり3円の値上げが行われる体で計算してみた所、最低金額が510円・最高金額が620円となりました。安さがアイデンティティのグローからすればキツい値段です。

BAT(ブリティッシュアメリカンタバコ)の主要タバコ銘柄の値上げまとめ

(税込) 値上げ前 値上げ後 値上げ幅
ケント
プロ用
500円 560円 60円
ネオ
プロ用
560円 620円 60円
ケント
ハイパー用
500円 560円 60円
ネオ
ハイパー用
540円 600円 60円
ネオ(定期便限定)
ハイパー用
440円 500円 60円
クールエックスネオ
ハイパー用
520円 580円 60円
ラッキーストライク
ハイパー用
450円 510円 60円

JT(日本タバコ産業)の主要タバコ銘柄が値上げした時の値段

最後にJT(日本タバコ産業)の主要タバコ銘柄が値上げした時の値段をご紹介します。JTはプルームシリーズの加熱式タバコを販売しており、国内で主に親しまれている加熱式タバコです。

そんなプルームシリーズの銘柄の多くは600円台まで値段引き上げとなり、IQOSのテリアに継ぐ値段となってしまいます。この値段を見るとタバコ離れが起きている点にも頷けますね。

JT(日本タバコ産業)の主要タバコ銘柄の値上げまとめ

(税込) 値上げ前 値上げ後 値上げ幅
メビウス
プルームテック用
570円 630円 60円
ピアニッシモ
プルームテック用
570円 630円 60円
メビウス
プルームテックプラス用
580円 640円 60円
ピアニッシモ
プルームテックプラス用
580円 640円 60円
メビウス
プルームエックス用
570円 630円 60円
キャメル
プルームエックス用
500円 560円 60円
キャメル
プルームエックス用(定期便限定)
440円 500円 60円

2023年・2024年のタバコ値上げはいつからいつまで?値上げ後の値段がいくらかまとめ

ドクターベイプモデル2ドクターベイプモデル2

本記事では、2023年・2024年のタバコ値上げがいつからか?値段や値上げの詳細について最新情報を交えて解説してきました。遅かれ早かれタバコが更に値上げする事が分かりましたね。

今回のタバコ値上げは防衛費増額の財源を賄う為の施策として行われるもので、値上げの時期は2024年以降で現在税制調査会にて話し合われています

1本当たり3円程度の段階的な引き上げですので、より日本の喫煙離れが加速する事が考えられるでしょう。今後のタバコの値段遷移を喫煙者の方は十分意識する必要がありそうです。

値上げの心配をせずに喫煙を楽しみたい方には新型の「ドクターベイプモデル2」がおすすめです。数量・期間限定5,420円引きで販売中なので、少しでも気になった方は今すぐ公式サイトドクターベイプモデル2をチェックしてみてください!

ABOUT ME
Avatar photo
コンビニなう編集部
コンビニなう編集部です!セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート等のコンビニに関する最新情報を最速で更新しています。コンビニスイーツからちょっとしたコラムまで記事にしていますよ♪
3ren(商標以外)
【CTA】DR.VAPE Model2(1-DRS除外,2-SLASH除外)
シリーズ累計販売1,500万本突破の
「DR.VAPE Model2」が今なら57%OFF!
ドクターベイプモデル2 CTA

Amazon・楽天の年間ランキングで1位、ファミリーマートでも販売されテレビCMも放送中の「DR.VAPE Model2」ドクターベイプモデル2公式サイトなら最安値で購入可能!

1箱で紙巻きタバコ4箱分の高コスパと紙巻きタバコを超える濃厚な吸い応えがあり、お得な値段で他のタバコでは味わえない圧倒的な満足感を体感できます。

全7種類展開中のフレーバーはニコチン・タール等の有害物質0でタバコ臭も一切しないので、健康被害や嫌な臭いを気にせずフレーバーの味を楽しむ事が可能です。

そんな人気沸騰中のDR.VAPE Model2のスターターキットが数量・期間限定の5,420円引きで販売中なので、少しでも気になる方は公式サイトドクターベイプモデル2にアクセス!

書き出しBOX(1-DRS除外,2-SLASH除外)
あわせて読みたい記事