コンビニコラム

タバコのソフトとボックスには味の違いがある?開け方やメリットを紹介

タバコのソフト・ボックスの種類で味に違いはある?開け方がかっこいいなどのメリットを解説 ソフトとボックス

タバコの中には、同じ銘柄でも「ソフト」と「ボックス」の2種類が発売されていることをご存知の方も多いでしょう。

しかし、ソフトとボックスのタバコは同じ銘柄でも味に違いがあるのか、また同じ銘柄・同じ外装のタバコでもなぜ味が微妙に違うのかが気になるところです。

そこで今回は、ソフトとボックスのタバコの製造方法や味に違いがあるのか、またソフトとボックスのタバコの開け方やそれぞれのメリットについて詳しく解説します!

結論から言うと、ソフトとボックスのタバコの中身は全く同じで、保存状態によってそれぞれ味に違いが出ることが分かりました。

目次

【結論】タバコはソフトとボックスで味に違いがある

タバコのソフト・ボックスの種類で味に違いはある?開け方がかっこいいなどのメリットを解説 ソフトとボックス

ソフトとボックスのタバコはそれぞれ外装が違いますが、ソフトかボックスかの種類によって保存状態に差が出るため、味に違いが出ることが考えられるでしょう。

まずは、タバコの外装がソフトかボックスかによる味の違いや、保存状態によってどんな影響が出るのかについて詳しく解説していきます。

タバコはソフトかボックスかで保存状態に違いが出やすい

タバコはソフト・ボックスのどちらもフィルムで包装されているため、開封前は湿気による影響も少ないですが、開封後はソフトタイプの方が劣化が進みやすいと言えるでしょう。

ソフトタイプのタバコは柔らかい紙でタバコを包んだパッケージとなっていますが、持ち歩きやすい一方で開封後は開きっぱなしになるので、湿度の影響を受けやすいです。

一方で、ボックスタイプのタバコは硬い紙箱のパッケージに入っており、蓋を閉められるのでソフトよりも中身のタバコがダメージを受けづらく、外装の種類で保存状態に違いが出ることが考えられます。

タバコはソフトとボックスで値段が同じなら味もほぼ同じ

外装がソフトでもボックスでも、同じ銘柄名のタバコは中身も同じ材料・同じ製造方法で作られているため、賞味期限にも違いはありません。

ソフトとボックスの味の違いについては、日本たばこ産業(JT)が「値段が同じなら味に違いはない」と明言しているので、ソフトとボックスで値段が違う場合は中身も違うタバコだと言えるでしょう。

このことからも、値段が同じタバコであれば外装に関係なくほぼ同じ味わいを楽しめますが、中身のタバコが違えば当然味にも違いが出ると考えられます。

同じ銘柄のタバコでも味に違いが出る理由

タバコのソフト・ボックスの種類で味に違いはある?開け方がかっこいいなどのメリットを解説 味に違いが出るのはなぜ?

ここまでソフトタイプとボックスタイプでタバコの味に違いが出るのかについて解説してきましたが、同じ銘柄・同じ外装のタバコでも微妙に味に違いを感じるのはなぜ?と疑問をお持ちの方も居るでしょう。

結論から言うと、同じ銘柄のタバコでも使用するタバコ葉や、湿度・乾燥の度合いで味に違いを感じることは十分にあり得ます。

ここでは、同じタバコでも味に違いが出る理由について解説しますので、なぜ違いが出るのかが気になる方はぜひ参考にしてみてください。

タバコは使用するタバコ葉によって味に違いが出る

タバコは植物の「タバコ葉」を原料としていますが、同じ畑で取れた野菜にも味の違いがあるように、同じ生産者のタバコ葉を使用しても全く同じ味のタバコができるとは限りません。

そのため、タバコは同じ銘柄でも厳密には微妙な味の違いがありますが、その理由をソフトとボックスの外装の違いによるものと取り違えた結果、「ソフトとボックスで味が違う」という噂が囁かれたようです。

これらの理由からも分かるように、同じ銘柄のタバコは「まったく同じ味」ではなく「ほとんど同じ味」のタバコであると言えるでしょう。

タバコの味は湿度の影響を受けやすい

タバコは湿気や乾燥の影響を受けやすく、湿度が高いか乾燥しているかでタバコの味や香りに大きな違いが生じます。

たとえば、タバコが乾燥していると甘味よりも辛さや苦さが目立ちやすいほか、香りも強く感じられます。さらに乾燥が進むと、水分が少ない分タバコの燃焼温度が高くなり、旨味を十分に感じられません。

逆に、湿度が高い場合は甘味の強いマイルドなタバコの味わいを楽しめますが、香りや味は薄くなるのでどこか物足りない味わいになってしまいます。

タバコの保存に適した湿度

タバコを保存する場合は、湿度「70~75%」がもっとも保存に適しているとされています。

なぜ湿度70~75%が適切かと言えば、湿度が70%を下回るほどタバコの苦味が増して風味が飛びやすくなり、湿度が75%より高くなるほどカビが生える危険性が出てきます。

日本で流通しているタバコは、最適な湿度よりもやや乾燥している環境で保存されているので、そのまま吸うよりも少し湿気を足してから吸った方が、本来のタバコの葉の味や香りを楽しめるでしょう。

同じ銘柄でも海外で販売しているタバコは味に違いがある

日本で販売しているタバコと同じ銘柄であっても、海外で販売されているタバコは国によって味の嗜好に違いがあることから、味や香りが異なっています。

国内と海外で販売するタバコはそれぞれ味や香りに違いがあることはメーカーも認めているので、試しに吸いたいと思う方も居るでしょう。

海外旅行に行った際などに現地の免税店を探せば、同じ銘柄のタバコが安く手に入るかもしれません。日本の空港にある免税店でもタバコを買えますが、こちらは国内で販売している銘柄となります。

ソフト・ボックスそれぞれのタバコの開け方を解説!

タバコのソフト・ボックスの種類で味に違いはある?開け方がかっこいいなどのメリットを解説 箱の開け方

タバコには開け方の説明が載っていないため、初めてタバコを吸う時に開け方が分からなくて困った方も居るのではないでしょうか?

ここでは、ソフトタイプとボックスタイプのタバコの開け方をそれぞれ簡単にご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ソフトタイプのタバコの開け方

タバコのソフト・ボックスの種類で味に違いはある?開け方がかっこいいなどのメリットを解説 ソフトの開け方

まずは、ソフトタイプのタバコの開け方から解説していきます。

外装外側のフィルムに付いている「つまみ」を掴んで、箱に沿うように一周させることでフィルムの上部が本体から外れます。下部のフィルム包装は湿気対策にもなるので、付けたままにしておくことをおすすめします。

次に、上部の包装紙を片側だけ破って剥がします。包装紙に穴を開けたら片手でタバコの箱を持ち、もう一方の手で箱を上からトントンと叩くとタバコが上に持ち上がってくるので、そのまま取り出しましょう。

ボックスタイプのタバコの開け方

タバコのソフト・ボックスの種類で味に違いはある?開け方がかっこいいなどのメリットを解説 ボックスの開け方

次に、ボックスタイプの箱の開け方について解説します。

まずはソフトタイプと同様に外側のフィルムを外してから、ボックスの蓋を開けます。ボックスの中のタバコは包装紙で包まれているので、手前側の包装紙を取り外します。

この状態でボックスの両側を軽く押すと箱の中央部分が盛り上がるので、はみ出たタバコをつまんで取り出してください。

ソフトタイプのタバコが持つ3つのメリット

タバコのソフト・ボックスの種類で味に違いはある?開け方がかっこいいなどのメリットを解説 ソフトのメリット

ソフトタイプとボックスタイプのタバコは味に違いが無いということが分かりました。

味に違いが無いのであれば、なぜソフトとボックスの2種類が販売されているのか、またどんな理由で選ばれているのかが気になるところです。

ここでは、タバコのソフトタイプとボックスタイプが持つメリットについて解説するので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

ソフトタイプのタバコが持つ3つのメリット
  1. 吸い終わった後の箱を捨てやすい
  2. タバコを取り出す仕草がかっこいい
  3. かさばらないので持ち運びしやすい

ソフトタイプのタバコのメリット①:吸い終わった後の箱を捨てやすい

まずソフトタイプのタバコのメリットとして、タバコを吸い終わった後の箱を捨てやすいということが挙げられます。

ソフトタイプのタバコの外装は柔らかい紙で作られているので、タバコを吸い終わってから捨てる時も、ボックスタイプのようにかさばらずに簡単に捨てられます。

近くにゴミ箱が無い場合は、ボックスタイプであれば箱を持ち歩くにもかさばりますが、ソフトタイプであれば小さく潰せるのでポケットに入れていても気になりません。

ソフトタイプのタバコのメリット②:タバコを取り出す仕草がかっこいい

ボックスタイプとは違い、ソフトタイプのタバコは取り出し方や、取り出す時の仕草がかっこいいという声もあります。

ソフトタイプのタバコは箱を開ける必要もなく、ケースを叩いた反動で持ち上がったタバコを取り出すので、動きに無駄がありません。

テレビドラマや映画で、渋い俳優がソフトタイプのタバコを取り出す仕草を見てかっこいいと感じた方も多いようです。

ソフトタイプのタバコのメリット③:かさばらないので持ち運びしやすい

ソフトタイプのタバコはボックスタイプと違い、かさばらないので持ち運びがしやすいといったメリットもあります。

スーツのポケットに入れていても角が目立たないので、営業マンなど普段スーツを着る機会の多い方からもソフトタイプのタバコは支持されています。

ボックスはお尻のポケットに入れたまま座ると痛みを感じますが、ソフトはポケットに入れて座っても気にならず、タバコの本数が減ったら箱を潰して小さくできることもメリットと言えるでしょう。

ボックスタイプのタバコが持つ3つのメリット

タバコのソフト・ボックスの種類で味に違いはある?開け方がかっこいいなどのメリットを解説 ボックスのメリット

ここまでソフトタイプのタバコのメリットをご紹介してきましたが、ボックスタイプのタバコにもメリットがあります。

次にボックスタイプのタバコが持つメリットをご紹介するので、こちらも参考にしてみてください。

ボックスタイプのタバコが持つ3つのメリット
  1. ボックスが頑丈で箱もタバコもヘタらない
  2. タバコの箱の開け方が分かりやすい
  3. タバコの葉が散乱しない

ボックスタイプのタバコのメリット①:ボックスが頑丈で箱もタバコもヘタらない

ボックスタイプのメリットとしては、ソフトタイプよりも分厚い紙で箱を作っているため、中身のタバコをしっかりと守ってくれます。

ソフトタイプの場合は潰れたり湿気の影響を受けやすいですが、ボックスタイプであれば中のタバコが折れたり、ヨレヨレになる心配も少ないでしょう。

また、ボックスタイプの方がソフトタイプよりも保存状態を保ちやすいので、タバコを開封してから使い切るまで味の変化が少ないこともメリットです。

ボックスタイプのタバコのメリット②:開け方が分かりやすい

ボックスタイプのタバコはお菓子などのようにフィルムに包まれた外装なので、開け方が分かりやすいこともメリットと言えるでしょう。

ソフトタイプは開け方を知らない人にはどうやって使えば良いのか分かりませんが、ボックスタイプであれば簡単に中のタバコを取り出せます。

タバコを初めて吸う人でもすぐに使えるという利便性の高さは、ボックスタイプの大きなメリットです。

ボックスタイプのタバコのメリット③:タバコ葉が散乱しない

ソフトタイプのタバコは外装に穴が開いた状態で持ち歩くので湿度の変化にも弱く、タバコ葉の「カス」が開口部から飛び出すこともよくあります。

ボックスタイプの場合はタバコを取り出す度に蓋を閉めるため、タバコ葉が飛び散ることも無く、湿気で状態が変わることも少ないです。

普段タバコの箱を鞄に入れて持ち歩く方は、ソフトタイプよりもボックスタイプの方がよりメリットを感じられるでしょう。

タバコのソフトとボックスには味の違いがある?開け方やメリットを紹介まとめ

今回はタバコのソフトタイプとボックスタイプで味に違いがあるのかについて詳しく解説してきましたが、いかがでしたか?

タバコはソフトとボックスといった外装の種類で味に違いはありませんが、パッケージが異なることから保存状態に差が生じやすくなっています。

しかし、ソフトタイプのタバコには取り出し方がかっこいいというメリットがあり、ボックスタイプは箱が頑丈というメリットがあるので、迷っている方はそれぞれのメリットを参考にして選んでみましょう!

ABOUT ME
コンビニなう編集部
コンビニなう編集部です!セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート等のコンビニに関する最新情報を最速で更新しています。コンビニスイーツからちょっとしたコラムまで記事にしていますよ♪
【全記事対象】3ren setAll
3ren (商標以外)
【CTA】Drs-typeX(商標以外)
コスパ最強の新型電子タバコ「Dr.Stick type-X」が今なら79%引き! ドクタースティックタイプエックス CTA

圧倒的人気を誇る電子タバコDr.Stickから「Dr.Stick type-X(ドクタースティックタイプX)」が新発売!累計1,000万個を売り上げた旧型から全てがパワーアップしています。

なんと1箱で紙巻きタバコ30箱相当吸える絶大なコスパを誇ります!旧型の4倍以上の吸引回数を実現し、正真正銘コスパ最強の電子タバコとして多くの喫煙者に愛されています。

また、30日間全額返金保証付きで購入分を使い切っても不満があれば返金を求める事が可能です!更に、有害物質ゼロなので病気の心配が不要な上にタバコ臭も一切しません。

そんなDr.Stick type-Xが、今なら79%オフの2,980円で購入可能です。通常なら有り得ない破格の割引なので、気になった方は今すぐ公式サイトをチェックしてみて下さい!

【全記事対象】書き出しBOX挿入フィールド設置
SUPARI誘導
あわせて読みたい記事

年齢確認

本サイトはタバコに関する内容を含んでいます。
あなたは20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

Cookieは半年間保存されます。
1度だけご協力頂ければその後は表示されません。