コンビニコラム

ヘパリーゼを飲むタイミングはお酒を飲む前?二日酔いに効果があるか解説

ヘパリーゼ 飲むタイミング

年末年始は飲み会が増えるシーズンですが、酔い過ぎや二日酔い防止のため、お酒を飲む前に「ヘパリーゼ」を飲む方も多いのではないでしょうか。

ヘパリーゼはどのタイミングで飲むのが最も効果的なのか、二日酔いの状態にも効くのか知りたい方も多いはずです。

そこで本記事では、ヘパリーゼを飲むタイミングはお酒を飲む前なのか、二日酔いに効果があるのかについて分かりやすく解説していきます。

体の疲労感やだるさ対策に効果的なヘパリーゼを飲むタイミングや、よくある疑問にも回答しているので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

目次

ヘパリーゼを飲むタイミングはお酒を飲む前?飲んだ後?

ヘパリーゼ 飲むタイミング

結論からお伝えすると、ヘパリーゼを飲むタイミングは「お酒を飲む前」が最も効果的と言えるでしょう。

ヘパリーゼは肝臓の働きをサポートしてくれるので、お酒を飲む前に肝臓のコンディションを整えておくことが大切です。

まずはヘパリーゼを飲むタイミングの詳細や、お酒を飲んだ後や二日酔いの状態でヘパリーゼは効くのかについて解説していきます。

ヘパリーゼを飲むタイミングは「お酒を飲む30分前」がおすすめ

ヘパリーゼを飲むタイミングは「お酒を飲む30分前」がおすすめです。

先述した通り、ヘパリーゼに含まれる成分は肝臓の働きを向上させてくれるので、お酒を飲む前にヘパリーゼを飲んで対策しておくことをおすすめします。

また、ヘパリーゼの量が多いと感じる方であれば、お酒を飲む1時間前から何回かに分けて飲み切ると良いでしょう。

ヘパリーゼはお酒を飲んだ後でも効果が得られる

お酒を飲む前にヘパリーゼを飲み忘れてしまった場合は、どのタイミングで飲むべきかが気になるところです。

翌朝二日酔いになる前であれば、飲酒後にヘパリーゼを飲んでも効果がある程度は期待できます。

お酒を飲み終わった後になるべく早くヘパリーゼを飲むことで、二日酔いによる症状をを軽減できるでしょう。

二日酔いになった後はヘパリーゼの効果を実感しづらい

ヘパリーゼはお酒を飲む前・飲んだ後に服用することで効果が期待できますが、二日酔いになった後だと効果が実感しづらくなります。

二日酔いの後に飲むヘパリーゼは、アルコール成分の分解というよりも栄養補給の面で役立ちます。

もしひどい二日酔いになってしまった場合は、脱水防止のために効果的に水分補給できるスポーツドリンクを飲むようにしてみてください。

ヘパリーゼと併用すると効果的な5つの二日酔い対策

ヘパリーゼ 飲むタイミング

頭痛や吐き気などひどい二日酔いになると、二度とお酒を飲みたくなくなるほど後悔をしてしまうものです。

いくつかの二日酔い対策をヘパリーゼと併用することで、二日酔いの予防・軽減に効果的です。

ここからは、ヘパリーゼと併用すると効果的な5つの二日酔い対策を紹介していくので、飲み会が続くタイミングなどにぜひ取り入れてみてください。

ヘパリーゼと併用すると効果的な二日酔い対策
  1. お酒を飲む前に食事を摂る
  2. お酒と同量の水・ソフトドリンクを飲む
  3. お酒を飲むペース・量に注意する
  4. 糖分やビタミンCを摂取する
  5. 飲酒後すぐ眠らないようにする

ヘパリーゼと併用すると効果的な二日酔い対策①:お酒を飲む前に食事を摂る

ヘパリーゼと併用すると効果的な二日酔い対策1つ目は、お酒を飲む前に食事を摂ることです。

胃に何も入っていない状態でお酒を飲むと、胃の粘膜を傷つけてしまう上に悪酔いしてしまう可能性が高まります。

お酒を飲む前にタンパク質を摂ると肝臓の働きをサポートしてくれるので、お通しやメニューにある枝豆や冷奴などを食べるのも良いでしょう。

ヘパリーゼと併用すると効果的な二日酔い対策②:お酒と同量の水・ソフトドリンクを飲む

ヘパリーゼと併用すると効果的な二日酔い対策2つ目は、お酒と同量の水もしくはソフトドリンクを飲むことです。

お酒には利尿作用があり体の水分が失われやすくなるため、お酒と同量の水やソフトドリンクを飲むことで脱水を防ぐほか、血中アルコール濃度を薄めることで二日酔い対策になります。

水とお酒を交互に飲むと酔いのペースや飲酒量も抑えられるので、ぜひ試してみてください。

ヘパリーゼと併用すると効果的な二日酔い対策③:お酒を飲むペース・量に注意する

ヘパリーゼと併用すると効果的な二日酔い対策3つ目は、お酒を飲むペースと量に注意することです。

人それぞれお酒を飲めるペースや量は異なるため、ゆっくりと味わうことで肝臓への負担を抑えることができます。

また、睡眠不足の状態だとお酒が回りやすくなるので、睡眠時間が少ない時は飲酒量を抑えるなど調整を心がけましょう。

ヘパリーゼと併用すると効果的な二日酔い対策④:糖分やビタミンCを摂取する

ヘパリーゼと併用すると効果的な二日酔い対策4つ目は、糖分やビタミンCを摂取することです。

肝臓はアルコールを分解するために糖分を消費することから、アイスクリームなどで糖分を摂取すると肝臓の働きをサポートすることができます。

ビタミンCはアルコールを分解するサポートの役割が期待できるため、小分けにしたサプリメントや胃腸薬を持ち歩くのも良いでしょう。

ヘパリーゼと併用すると効果的な二日酔い対策⑤:飲酒後すぐ眠らないようにする

ヘパリーゼと併用すると効果的な二日酔い対策5つ目は、飲酒後すぐ眠らないようにすることです。

飲酒してからすぐ寝てしまうと、身体がエコモードのような状態になり、アルコールを分解するスピードが遅くなってしまいます。

酔いの程度にもよりますが、飲み会から帰る際には一駅分だけ歩いてみるなど、飲酒から眠りにつくまでに少し時間を稼ぐことも心がけてみてください。

ヘパリーゼは疲れた体を回復したい場合にもおすすめ!

ヘパリーゼ 飲むタイミング 疲れ

体の疲れは肉体だけでなく、ストレスや生活の乱れによって引き起こされる「内臓の機能低下」も大きな原因であることをご存知でしょうか。

お酒の二日酔い対策のイメージが強いヘパリーゼですが、実は疲れた体の疲労回復にも効果を発揮します。

ここからは、疲れを回復したいときや1日を乗り切りたいときに効果的な、ヘパリーゼの飲み方を紹介していきます。

ヘパリーゼは内蔵の機能低下による疲れ・だるさを改善してくれる

休日に身体を休めても疲労感が抜けなかったり、だるさが緩和されない時は、内臓が機能低下している可能性があります。

タンパク質不足・アルコールの飲み過ぎ・睡眠不足やストレスによって、エネルギーを生産したり貯蔵する肝臓の働きが下がっている状態かもしれません。

胃腸が疲れると、食べ物から栄養を吸収する効率が低下するため、栄養不足が疲れやだるさに繋がっていることも考えられるでしょう。

ヘパリーゼは肝臓や胃腸の働きをサポートする成分が含まれているので、内臓からくる疲れやだるさに効果的です。

寝る前にヘパリーゼを飲むと翌朝スッキリ起きることができる

「目覚めが良くない」「起きる時に体が重い」という方にもヘパリーゼがおすすめです。

寝る前にヘパリーゼを飲むことで新陳代謝に必要な成長ホルモンの元となる、タンパク質やミネラルを効率的に摂取できます。

新陳代謝が活発になることで細胞の修復が早まり、体がスピーディーに回復していくので、起き抜けのだるさが気になる方もぜひ「寝る前のヘパリーゼ」を試してみてください。

1日頑張りたいときは朝食後にヘパリーゼを飲むのがおすすめ

「今日1日を頑張りたい、乗り切りたい」という日は、朝食後がヘパリーゼを飲むタイミングとして最適です。

ヘパリーゼが内臓機能を向上させてくれるので、1日のスタートにエンジンをかけるような役割を果たしてくれるでしょう。

季節の変わり目や慢性的な疲労で動けないときや、仕事の締め切り前の正念場でふんばりたい時にもぜひヘパリーゼを活用してみてください。

慢性化した疲れにはヘパリーゼ錠剤タイプを飲むことで疲労回復に繋がる

慢性化した疲れが抜けない時には、疲労回復に効果的なヘパリーゼ錠剤タイプがおすすめです。

疲れた胃腸や肝臓をサポートする「イノシトール」や、消耗した体力の回復に効果的な「ビタミンE酢酸エステル」「ビタミンB2」が配合されています。

飲むタイミングは1日2回・各3錠ずつとなっており、朝食後や夕食後に分けて飲み続けることで、次第に疲労感や体の重さが緩和されていくでしょう。

ヘパリーゼの飲み方に関するよくある3つの質問

ヘパリーゼ 飲むタイミング

ここまでヘパリーゼを飲むタイミングや効果的な二日酔い対策、具体的なメリットや効果を解説しました。

しかし「副作用はある?」「コンビニと薬局のヘパリーゼはどう違う?」といった疑問が残る方もいるでしょう。

最後にヘパリーゼの飲み方に関するよくある3つの質問にそれぞれ回答していくので、ぜひ参考にしてみてください。

ヘパリーゼの飲み方に関する質問
  1. ヘパリーゼに副作用はある?
  2. 毎日飲むと体にどんな影響が表れる?
  3. コンビニと薬局のヘパリーゼの違いは?

ヘパリーゼの飲み方に関する質問①:ヘパリーゼに副作用はある?

ヘパリーゼに副作用はないので、他の医薬品や食べ物との組み合わせを気にする必要はありません。

しかし、体質によっては皮膚に発疹などが現れるケースがあるため、何かしらの違和感や症状が現れた場合は飲むのを止めましょう。

もしヘパリーゼを飲んだ直後から発疹が出てきた場合は、なるべく早く病院で医師の診察を受けることをおすすめします。

ヘパリーゼの飲み方に関する質問②:毎日飲むと体にどんな影響が表れる?

ヘパリーゼを毎日飲むと、疲れやだるさの改善が期待できます。

ヘパリーゼには質の高い哺乳類のレバーを摂取しやすい状態にした「肝臓水解物」や「イノシトール」「ビタミンB2・E」が疲労回復をサポートします。

お酒を飲む前だけでなく体の健康や疲れの改善のために飲む方も多いので、日頃の疲れがなかなか取れない方は継続してヘパリーゼを飲んでみてはいかがでしょうか?

ヘパリーゼの飲み方に関する質問③:コンビニと薬局のヘパリーゼの違いは?

コンビニと薬局のヘパリーゼは「医薬品指定の成分を使用しているかどうか」が大きな違いです。

医薬品指定の成分が使用されているヘパリーゼは「薬剤師または登録販売者」が在籍する店舗でしか販売できないので、主にドラッグストアや薬局で購入することができます。

一方で、登録販売者や薬剤師が在籍していないコンビニのヘパリーゼは、医薬品指定の成分が使用されていない「清涼飲料水」なので、実感できる効果も大きく違ってくるでしょう。

ヘパリーゼを飲むタイミングはお酒を飲む何分前?飲んだ後や二日酔いにも効果があるのかまとめ

本記事では、ヘパリーゼを飲むタイミングや飲んだ後や二日酔いにも効果があるのかを解説しました。

ヘパリーゼは肝臓の働きを向上させてくれるので、お酒を飲む30分前に飲んでおくことで最大限に効果を発揮します。

お酒を飲み終えた後にヘパリーゼを飲むことでも多少の効果は得られますが、二日酔いになってしまってたらスポーツ飲料で脱水症状を防ぐように注意しましょう。

アルコール分解や二日酔い対策だけでなく、慢性的な疲労回復にも効果的なので、毎日の仕事や飲み会シーズンでお疲れの方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
Avatar photo
コンビニなう編集部
コンビニなう編集部です!セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート等のコンビニに関する最新情報を最速で更新しています。コンビニスイーツからちょっとしたコラムまで記事にしていますよ♪
【全記事対象】3ren setAll
【全記事対象】書き出しBOX挿入フィールド設置
3ren(商標以外)
【CTA】DR.VAPE Model2
シリーズ累計販売1,500万本突破の
「DR.VAPE Model2」が今なら57%OFF!
ドクターベイプモデル2 CTA

Amazon・楽天の年間ランキングで1位、ファミリーマートでも販売されテレビCMも放送中の「DR.VAPE Model2」ドクターベイプモデル2公式サイトなら最安値で購入可能!

1箱で紙巻きタバコ4箱分の高コスパと紙巻きタバコを超える濃厚な吸い応えがあり、お得な値段で他のタバコでは味わえない圧倒的な満足感を体感できます。

全7種類展開中のフレーバーはニコチン・タール等の有害物質0でタバコ臭も一切しないので、健康被害や嫌な臭いを気にせずフレーバーの味を楽しむ事が可能です。

そんな人気沸騰中のDR.VAPE Model2のスターターキットが数量・期間限定の5,420円引きで販売中なので、少しでも気になる方は公式サイトドクターベイプモデル2にアクセス!

書き出しBOX(DRS商標以外)
あわせて読みたい記事