ローソン

ローソンのゆうパックの出し方や伝票種類・割引料金などを徹底解説

ローソン ゆうパック

平日に郵便局の窓口に行けない方でも、全国各地のコンビニであれば土日祝を含む24時間いつでも梱包した荷物の発送ができ便利に利用できます。

各コンビニの中でもローソンでは、ゆうパックの発送や受け取りサービスができることをご存知でしょうか?

今回の記事では、ローソンのゆうパックの出し方や伝票種類・割引料金を徹底解説していきます。

利用できる支払い方法の一覧、ゆうパック・ゆうゆうメルカリ便の受け取りサービスの詳細も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ゆうパックはローソンの店舗から発送できる!発送可能なサイズ・伝票の種類を紹介

ゆうパックはローソンの各店舗から発送することができます。

まずはローソンから発送可能なゆうパックのサイズや、取り扱われている伝票の種類などから確認していきましょう。

郵便局と提携しているローソンでは「ゆうパック」「ゆうゆうメルカリ便」の取り扱いがある

ローソンは郵便局と提携しているため「ゆうパック」「ゆうゆうメルカリ便」に対応しています。

ゆうパックは縦・横・高さの合計が60cm~170cm、重さ25kg未満の荷物を発送できるサービスです。

ゆうゆうメルカリ便は日本郵便と提携しているメルカリでのみ利用可能なサービスで、匿名配送やトラブルの補償といったメリットがありますので、フリマサイトで売れた商品を送る際はぜひお近くのローソンからゆうパックで発送してみましょう!

クレジットカードが使えるローソンでは発送料金を節約することができる

ローソンでは支払いにクレジットカードが利用でき、送料に応じてポイントが貰えるのでカードで支払いすると荷物の発送がお得にできます。

例えばローソンで使えるPontaカードは通常、時間帯によって200円のお買い物ごとに1~2ポイント貰えるという仕組みになっています。

200円ごとに貰えるPontaポイント
  • 0:00~15:59=1ポイント
  • 16:00~23:59=2ポイント

しかし「JMBローソンPontaカードVisa」で決済すると200円ごとに4ポイント付与されるため、ポイントが多く貰えるのでより送料の節約にも繋がりますね。

送料を節約したい時や荷物をお得に送りたい時は、ローソンからJMBローソンPontaカードVisaを使ってゆうパックを送ってみてはいかがでしょうか?

ローソンから発送可能なゆうパックのサイズ

ローソンから発送できるゆうパックのサイズは170サイズ・重さ25kgまでとなっています。

ゆうパックのサイズは以下の7段階に別れており、サイズが大きくなるほど送料が高くなるため、コンパクトに梱包することをおすすめします。

  • 60サイズ
  • 80サイズ
  • 100サイズ
  • 120サイズ
  • 140サイズ
  • 160サイズ
  • 170サイズ

170サイズというのは梱包した箱の縦・横・高さの合計が170cm未満ということなので、3辺の合計が170cm以上のゆうパックは郵便局でしか発送できません。

また、重量が25kg~30kg未満の荷物はローソンで対応していない「重量ゆうパック」の取り扱いになるため、重量が25kg以上ある荷物は郵便局から発送しましょう。

ローソン店舗に置かれているゆうパック伝票の種類

ゆうパックの種類によって異なる各種伝票がローソンで取り扱われているため、以下に一覧でまとめました。

  • 発払いゆうパック
  • 着払いゆうパック
  • 複数口ゆうパック
  • ゴルフ・スキー・空港ゆうパック(片道・往復)

発払いと着払いは送料を負担する人が異なり、間違えるとトラブルになる可能性があるので注意してください。

ローソンと同じく日本郵便と提携しているミニストップでも上記の伝票を貰えますが、伝票の取り扱い状況は店舗によっても異なるため、もしローソン・ミニストップに伝票がない場合は他の店舗を確認するか、お近くの郵便局窓口で受け取りましょう。

ローソンでゆうパックを発送する方法・出し方を徹底解説

ローソン ゆうパック 発送 解説

ローソンからゆうパックを発送したいけど、やり方が分からなくて困っている方もいるでしょう。

ここからはローソンからゆうパックを発送する具体的な手順について解説していきます。

ローソンでゆうパックを発送する手順
  1. 適当な箱・袋に梱包しコンビニに持参する
  2. 伝票に住所や受け取り日時など記入する
  3. サイズを測り料金を調べてもらう
  4. 料金を支払って伝票の控えをもらう

ローソンのゆうパック発送方法・出し方①:適当な箱・袋に梱包しコンビニに持参する

ローソンに荷物を持ち込む前に、適当なサイズの箱や袋に緩衝材と商品を梱包しておきましょう。

ゆうパックで発送するための箱はなんでもOKですので、ご自宅にある手頃なサイズの空き箱やダンボールなどをゆうパックの梱包に使用することができます。

ゆうパックは箱のサイズによって送料が変わるので、なるべく荷物が隙間なく入るようなジャストサイズの箱に梱包することで送料を安く抑えられますよ。

ローソンのゆうパック発送方法・出し方②:伝票に住所や受け取り日時など記入する

伝票に住所や受け取り日時といった必要事項を記入して、梱包した荷物に貼り付けましょう。

また、受け取りの日時指定をする場合は、以下から相手が希望している時間帯を指定してください。

  • 午前中
  • 12時頃~14時頃
  • 14時頃~16時頃
  • 16時頃~18時頃
  • 18時頃~20時頃
  • 19時頃~21時頃
  • 20時頃~21時頃

荷物の中身を「品目」の欄に記入する際は、「衣類」ではなく「ワンピース」、「雑貨」ではなく「食器」といったように詳細を書くことで手続きがスムーズに完了します。

グラスや機械類など破損が心配な荷物の場合は「こわれものシール」、逆さまにされると困る荷物は「天地無用シール」を貼ってもらうこともできますよ。

ローソンでは宛名を自宅で印刷する「Webゆうパックプリントラベル」も利用可能

宛名を自宅で印刷する「Webゆうパックプリントラベル」も利用すると、簡単にゆうパックのあて名ラベルを作成できます。

利用の流れとしては郵便局の公式サイトから「ゆうびんID」を登録後、ログインしてあて先のデータを入力しA4サイズで印刷するだけです。

Webゆうパックプリントラベルの利用方法
  1. Webゆうパックプリントラベルにログイン
  2. メインメニューの「ゆうパックラベル」→「新しく作る」
  3. あて先の氏名・住所といった必要事項を入力
  4. 全て入力したら「確認」ボタンをクリック→間違いがないか確認
  5. 「登録」ボタンを押すと今回入力した情報を保存可能
  6. 「印字」ボタンを押すと印刷される
  7. ※必ず「A4サイズ」「カラー印刷」でプリントしてください

面倒なあて名書きがデジタル印刷ですぐに完了するほか、過去に発送したデータを保存して再利用できる手軽さは大きなメリットと言えるでしょう。

ローソンのゆうパック発送方法・出し方③:サイズを測り料金を調べてもらう

ローソンへ伝票を貼り付けた荷物を持ち込み、レジの店員さんに発送手続きをお願いしましょう。

荷物のサイズを測ってもらい料金を調べてもらうことができますが、発送料金は事前に郵便局の公式サイトからも確認することができますので、金額を把握しておきたい方はぜひ利用してみてくださいね。

サイズによっては事前に調べた金額と実際の送料が異なる場合があるため、注意が必要です。

ローソンのゆうパック発送方法・出し方④:料金を支払って伝票の控えをもらう

ゆうパックの料金を支払ったら伝票の控えを受け取って、一連の手続きが完了となります。

何日経ってもゆうパックが届かない時に追跡調査をする際や、荷物が破損した場合の損害請求に必要になるため、伝票は相手に荷物が届くまで無くさないように大切に保管しておいてください。

手元に伝票の控えが無いと荷物追跡などのサービスが利用できなくなってしまうため、保管には充分に注意しましょう。

預けたゆうパックの集荷時間はポストマップで調べられる

ローソンに預けたゆうパックの集荷時間を調べたい時は、「ポストマップ」というサイトで確認してみましょう。

ポストマップは全国にあるポストの場所や集荷時間を調べられるサービスで、住所や郵便番号で検索すると付近のポストが地図上に表示されます。

緑色のポストは「コンビニ店舗内のポスト」という意味で、お近くのローソンなどのコンビニ内にあるポストをクリックすると集荷時間が分かりますので、ゆうパックの集荷時間が気になる方はぜひポストマップを利用してみてください。

ローソンからゆうパックを割引料金で発送できる3つの出し方を解説

ローソン ゆうパック 発送 割引

ローソンであれば、ゆうパックを割引料金でお得に発送できることをご存知でしょうか?

次にゆうパックを割引料金で発送できる3つの出し方をそれぞれ解説します。

ローソンでゆうパックが割引料金になる発送方法・出し方①:持込割引サービス【120円割引】

ローソンに荷物を持ち込むことで送料が120円引きになる「持込割引サービス」が適用になります。

通常は発送を依頼したい人のところへ荷物を集荷しに行くため、郵便局やローソンに持ち込んで手続きすることで割引になるシステムです。

とくに頻繁にゆうパックで荷物を送る方は、10回利用することで合計1,200円もお得になるので活用しない手はないでしょう。

ローソンでゆうパックが割引料金になる発送方法・出し方②:同一あて先割引サービス【60円割引】

ローソンでは差出日前1年以内に発送した、同一あて先のゆうパック伝票控えを持参すると60円引きの同一あて先割引サービスが適用されます。

着払いで送る場合や、複数口割引との同時適用・スキー・ゴルフ・空港ゆうパックの利用時には割引が適用されませんので注意しましょう。

ご家族や友人に定期的に贈り物をする習慣がある方は、ゆうパックの控えを保管しておくことをおすすめします。

ローソンでゆうパックが割引料金になる発送方法・出し方③:複数口割引サービス【60円割引】

ローソンでは同じあて先に2個以上のゆうパックを送ると、荷物1個につき60円引きになる複数口割引サービスが適用されます。

同一あて先割引サービスとの同時適用、ゴルフ・スキー・空港ゆうパックの利用には対応していないので注意してください。

複数口割引サービスを利用したい場合は複数口専用伝票を使って荷物を発送する必要がありますが、フリマサイトで同じ購入者に複数の商品を発送する場合などは、ローソンからゆうパックで送るのがおすすめです。

ローソンのゆうパック発送料金の支払い方法を詳しく解説

ローソン ゆうパック 発送料金 支払い

ローソンからゆうパックを発送する際は、現金以外の様々な方法でお支払いが可能です。

ここからはローソンのゆうパックの発送料金の支払い方法や、電子マネー・クレジットカードでの支払いについて解説します。

ローソンのゆうパック発送料金の支払い方法

ローソンでゆうパックを送る際は、現金以外にも様々な支払い方法に対応しています。

ローソンからゆうパックを発送する際の料金支払い方法を下記にまとめました。

ローソンで利用できるゆうパックの料金支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード
  • QUOカード
  • Edy
  • Suica
  • PayPay
  • d払い
  • auPay

郵便局でもキャッシュレス決済の仕組みが導入されていますが、24時間受付の便利さという点でローソンに軍配が上がりますね。

様々な支払い方法に対応している分、多くの方にとって利用しやすいサービスとなっていますのでぜひ参考にしてみてください。

ゆうパックはローソンから発送すれば電子マネー・クレジットカードのポイント分お得になる

ゆうパックをローソンから発送すると、送料に応じて電子マネー・クレジットカードのポイントがもらえるのでお得に利用できます。

ローソンも郵便局も120円の持ち込み割引が適用されるのは同じですが、ローソンならキャッシュレス支払いでポイントが貰える分お得と言えるでしょう。

結構な頻度で発送する方だと積み重ねで結果的に多くのポイントが溜まりますので、ポイント重視の方はローソンでの発送がおすすめです。

ローソンでは「ゆうパック」「ゆうゆうメルカリ便」の受け取りが可能

ローソン ゆうパック メルカリ便 受け取り

ローソンでは「ゆうパック」「ゆうゆうメルカリ便」の受け取りサービスにも対応しています。

次に、ローソンで荷物を受け取るメリットやサービスの詳細を確認していきましょう。

ゆうパックの受け取り場所をローソンにすると24時間いつでも受け取りできる

ゆうパックの受取場所をお近くのローソンに指定することで、24時間いつでもゆうパック・ゆうゆうメルカリ便を受け取りできます。

ローソンを配達先に指定することによって忙しい時間の合間に荷物を受け取れますし、盗難などのトラブルを防止することも可能です。

自分のタイミングで気軽に荷物を受け取りたい方は、ぜひローソンでのゆうパック受け取りサービスを利用してみてください。

ローソンの店舗でゆうパックの受け取りをする方法

ローソンの各店舗からゆうパックの受け取りサービスを利用する場合は、郵便局のサイトから「ゆうびんID登録」「居住確認手続き」を行う必要があります。

ゆうびんIDの登録完了後、居住確認手続きからどのコンビニでゆうパックを受け取るかを設定することができます。

  • バーコードで受け取る
    受取通知メールに記載のURLからバーコードを表示しレジで提示
  • Loppi端末から受け取る
    「受け取り用お問い合わせ番号」と「認証番号」で引換券を発行しレジで提示

事前登録さえ完了してしまえば、スムーズに受け取り手続きができますのでぜひ利用してみましょう!

ローソン店舗では着払いのゆうパックは受け取り不可

ローソンでゆうパックを受け取る場合、着払い指定の荷物は受け取ることができないので注意してください。

コンビニが着払い料金を一度運送会社に立て替える形になりお金の流れが複雑になることから、ローソンなどの各コンビニでは着払いの受け取りサービスには対応していないようです。

着払いのゆうパックを自宅以外の場所で受け取りたい場合は、「郵便局留め」で送ってもらうという方法もありますので、ローソンで荷物を受け取りたい場合は発払いで送ってもらうか、難しければ郵便局留めといった方法を検討してみましょう。

ローソンではゆうパックの店舗への配送日から最低3日間は保管してくれる

ローソンではゆうパックが店舗に配送されてから最低3日間は保管してくれるので、余裕を持って荷物を受け取れます。

店舗に配送されて4日目に「受け取り催促メール」が届き、それでも受け取らなかった場合は荷送人に返送されてしまう点には注意してください。

また保管期間は延長できないため、忘れずに指定したローソンへ受け取りに行くようにしましょう。

【まとめ】ローソンのゆうパックの出し方や伝票種類・割引料金などを徹底解説

今回の記事では、ローソンでのゆうパックの出し方や伝票種類・割引料金の詳細を徹底解説しました。

日本郵便と提携しているローソンでは、ゆうパックやゆうゆうメルカリ便の発送や受け取りサービスに対応しています。

ゆうパックをローソンから発送する際はサイズや重量の制限がありますので、超過しないように気をつけてください。

ローソンであれば24時間発送・受け取り手続きに対応していますので、ぜひ今回の記事を参考にローソンのゆうパックを利用してみましょう!

ABOUT ME
ローソン女子
ローソン女子
コンビニなう専属のローソンに関する記事を書く20代女性コンビニライター。元ローソン店員というメリットを生かし、ローソンのおすすめ商品や便利でお得な最新情報などをお伝えしていきます!
【全記事対象】3ren setAll
【全記事対象】書き出しBOX挿入フィールド設置
3ren(商標以外)
【CTA】DR.VAPE Model2
シリーズ累計販売1,500万本突破の
「DR.VAPE Model2」が今なら57%OFF!
ドクターベイプモデル2 CTA

Amazon・楽天の年間ランキングで1位、ファミリーマートでも販売されテレビCMも放送中の「DR.VAPE Model2」ドクターベイプモデル2公式サイトなら最安値で購入可能!

1箱で紙巻きタバコ4箱分の高コスパと紙巻きタバコを超える濃厚な吸い応えがあり、お得な値段で他のタバコでは味わえない圧倒的な満足感を体感できます。

全7種類展開中のフレーバーはニコチン・タール等の有害物質0でタバコ臭も一切しないので、健康被害や嫌な臭いを気にせずフレーバーの味を楽しむ事が可能です。

そんな人気沸騰中のDR.VAPE Model2のスターターキットが数量・期間限定の5,420円引きで販売中なので、少しでも気になる方は公式サイトドクターベイプモデル2にアクセス!

書き出しBOX(DRS商標以外)