コンビニコラム

【最新】ピースリトルシガーはコンビニで買える?味や吸い方・タールを解説

ピース リトルシガー コンビニ

過去3回に渡って再販されたピースリトルシガーですが、コンビニで購入できるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、ピースのリトルシガーはコンビニで取り扱われていないため、別の場所から購入しなければなりません。

この記事では、ピースリトルシガーを購入できる場所の詳細や、値段・味・タール量・吸い方について徹底解説します。

ピースリトルシガーに関する世間の口コミ・レビューやおすすめの吸い方なども紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

ピースリトルシガー全1種類はコンビニで買えない!コンビニや通販サイトを調査

結論から言うと、ピースリトルシガーが今までコンビニで販売されたことはありません

今後もコンビニで販売される予定がない理由や、通販サイトなどのネット上から購入できるのかどうかを解説します。

ピースリトルシガーは今までコンビニで販売された事が無い

ピースリトルシガーが過去にコンビニで販売されたことはなく、今後も取り扱われることはないと言えるでしょう。

コンビニで買えない理由としては、販売元であるJTのプレスリリースにて以下のように記載されているためです。

JTは、ピースブランドから、「ピース・リトルシガー」を650円(税込)で、2022年1月31日より、CLUB JTオンラインショップで発売します。
出典:JT(日本たばこ産業)公式サイト

以上の記載からも分かるように、今後セブン・ローソン・ファミリなどのコンビニで販売される可能性は低いため、ピースリトルシガーを吸ってみたい方はCLUB JTオンラインショップから購入してください。

ピースリトルシガーは通販サイトやフリマサイトにも在庫無し

ピースリトルシガーはAmazon・楽天といった通販サイトや、メルカリ・ペイペイフリマなどのフリマサイトにも出品されていません。

通販サイトやフリマサイトでタバコを出品する行為は、サイトの規約によって固く禁じられているためです。

ピースリトルシガーの「空き箱」がグッズ的に販売されている事もありますが、正規品を購入したい方は公式のCLUB JTオンラインショップを活用しましょう!

ピースリトルシガー全1種類が買えるコンビニ以外の販売店を解説

ここまでに、コンビニや通販・フリマサイトでピースリトルシガーは販売されていないと解説しました。

続いては、コンビニ以外でピースリトルシガーの現行銘柄を購入できる販売店を解説します。

ピースリトルシガーの販売店はCLUB JTオンラインショップのみ

すでにお伝えしている通り、ピースリトルシガーはCLUB JTオンラインショップでしか販売されていないようです。

お近くのコンビニやタバコ専門店などを回ってみてもピースリトルシガーは売られていませんので、注意してください。

CLUB JTオンラインショップを活用すれば在庫状況もすぐに把握できるので、積極的に活用してみましょう。

ピースリトルシガーは1箱20本入りで値段は650円

ピースリトルシガーの20本入りで650円となっており、紙巻きタバコなどを含むピースシリーズの中で最も値段が高い銘柄です。

現時点ではピースリトルシガーの現行銘柄は1種類のみですが、今回の再販で定番化したので、これからラインナップが増える可能性もあるでしょう。

ピースリトルシガーではバージニア葉を贅沢に使用した芳醇な香りや旨み・コクを堪能できるので、気になる方はぜひ手に取ってみてください。

ピースリトルシガーの値段・タール量・ニコチン量などの詳細

販売会社 JT(日本たばこ産業株式会社)
銘柄名 ピース・リトルシガー
入数 20本入り
値段 650円
サイズ 通常(FK)サイズ
フィルタータイプ プレーンフィルター
タール量
ニコチン量

※リトルシガーは葉巻たばこに分類されるためタール・ニコチン量の表記義務がありません。また、確立された測定方法が存在していないため法令上としても問題ありません。

ピースリトルシガーがどのようなタバコか特徴を簡単に解説

ピースリトルシガーは、再販・終了を繰り返しながら定番化した人気のリトルシガーです。

ここからはピースリトルシガーがどのようなタバコなのか、特徴を3つに分けて解説していきます。

ピースリトルシガーの3つの特徴
  1. 誕生75周年を迎えたピースの葉巻タバコ
  2. バージニア葉100%使用の香り高いタバコ
  3. 数量限定から定番化した人気のタバコ

ピースリトルシガーの特徴①:誕生75周年を迎えたピースの葉巻タバコ

ピースリトルシガーは、誕生75周年を迎えた歴史の深いピースブランドの葉巻タバコです。

世代を超えて愛され続けており、その歴史がピースの味わい深さや上質な喫煙体験を証明していると言えるでしょう。

ピースリトルシガーは葉巻ならではの濃厚な香りや重厚感のある吸いごたえを楽しめるので、ピースが長く愛されている理由をぜひ確認してみてください。

ピースリトルシガーの特徴②:バージニア葉100%使用の香り高いタバコ

1946年の発売から一貫して、ピースリトルシガーは100%バージニア葉を使用しています。

ピースの喫煙体験のクオリティを支えているバージニア葉の濃厚な味わいと、ふんわりと甘いバニラフレーバーの相性は最高の一言です。

リトルシガーは紙巻きタバコよりも香りが強く立ち上がるので、バージニア葉だけを使用したピースリトルシガーならではの香りを堪能できるでしょう。

ピースリトルシガーの特徴③:数量限定から定番化した人気のタバコ

ピースリトルシガーはもともと、過去3回に渡って数量限定で販売されていたリトルシガー銘柄です。

2022年1月の再販からはピースブランドのレギュラーとして定番化したので、ピースリトルシガーファンからは歓喜の声が上がりました。

リトルシガーが安いタバコであるというイメージを覆す価格帯でありながら、ここまでの人気を獲得した味と香りをぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。

ピースリトルシガー全1種類の味やタール量・ニコチン量が何ミリかレビュー

リトルシガーは、ある理由からパッケージにタール・ニコチン量が記載されていないため、自分に合っているかを判断しにくいと感じる方も多いです。

ここからは、ピースリトルシガーがタール・ニコチン何ミリに相当するのか、実際に筆者が吸ってみた感想をレビューします。

ピースリトルシガーは重めの紙巻きタバコと同等のタール量・ニコチン量

結論から言うと、ピースリトルシガーの吸いごたえは紙巻きタバコの12~15mgに相当するのではないかと感じられました。

重厚感のある吸い心地を体感できたことから、タール10mg・ニコチン0.9mgの「ピース・ライト・ボックス」よりも吸いごたえが強いと言えるでしょう。

リトルシガーを吸う上で喫味に濃厚さや重みを重視したい方でも、ピースリトルシガーであれば十分に満足できるのではないでしょうか。

ピースリトルシガーは葉巻タバコなのでタール量・ニコチン量の記載義務は無い

ピースを含むリトルシガーは葉巻タバコに分類されるため、タール・ニコチン量をパッケージに記載する義務がありません

これはリトルシガーの製造方法が紙巻きタバコと異なり、使用されているタバコ葉の量を正確に測定する方法が確立されていないためです。

ピースリトルシガーは目安として、紙巻きタバコ12mg相当の吸いごたえをイメージしてみると分かりやすいのではないでしょうか。

ピースリトルシガー全1種類に関する世間の口コミ・レビューをご紹介

初めてピースリトルシガーを吸うにあたり、実際に吸ってみた人たちの感想も参考にしたいところです。

ここからは、ピースリトルシガーに関する世間の口コミ・レビューの内容を紹介していきます。

ピースリトルシガーに関する口コミ・レビュー
  1. 味が旨い
  2. いい匂いがする
  3. 販売店が少ない

ピースリトルシガーの口コミ・レビュー①:味が旨い

ピースリトルシガーの口コミ・レビュー1つ目は「味が旨い」です。

バージニア葉の苦味とコクだけでなく、バニラフレーバーのやさしい甘みも感じられるバランスが旨いと高く評価されています。

この美味しさは他の銘柄では味わえないので、ピースリトルシガーならではの絶妙なブレンドをぜひ試してみてください。

ピースリトルシガーの口コミ・レビュー②:いい匂いがする

ピースリトルシガーの口コミ・レビュー2つ目は「いい匂いがする」です。

先ほども解説したように、ピースリトルシガーではバージニア葉だけを贅沢に使用しており、芳醇な香りを堪能できます。

リトルシガーならではの匂いをより濃厚に感じられるので、タバコ葉の香りをメインで楽しみたい方にも向いているでしょう。

ピースリトルシガーの口コミ・レビュー③:販売店が少ない

ピースリトルシガーの口コミ・レビュー3つ目は「販売店が少ない」です。

コンビニやタバコ専門店では取り扱われていないため、気軽に買えない点はデメリットと言えるでしょう。

しかし、販売元であるCLUB JT オンラインショップはスマホからも簡単にアクセスできるので、積極的に利用してみてください。

ピースリトルシガーのおすすめの吸い方を2種類ご紹介

ピースが初めてのリトルシガーで、どうやって吸えばいいのか分からないと悩む方もいるでしょう。

ここからは、ピースリトルシガーを楽しむにあたっておすすめの吸い方2種類と注意点をそれぞれ紹介します。

ピースリトルシガーおすすめの2種類の吸い方
  1. 口腔喫煙
  2. 肺喫煙

ピースリトルシガーのおすすめの吸い方1種類目:口腔喫煙

ピースリトルシガーのおすすめの吸い方1種類目は「口腔喫煙」です。

リトルシガーは葉巻タバコに分類されるので、一般的な葉巻と同じように口腔喫煙するのが最も安全かつ美味しく味わえる吸い方と言えるでしょう。

特に初心者の方がピースリトルシガーを肺喫煙するとヤニクラで体調を崩しかねないので、まずは口腔喫煙で楽しむのをおすすめします。

ピースリトルシガーのおすすめの吸い方2種類目:肺喫煙

ピースリトルシガーのおすすめの吸い方2種類目は「肺喫煙」です。

一般的な紙巻きタバコを吸う時と同じように、ピースリトルシガーもゆっくりと煙を肺に入れる肺喫煙で楽しむこともできます

前述の通り人によっては肺喫煙で気分が悪くなる可能性もあるので、リトルシガー初心者はゆっくりと慣らしていきましょう。

ピースリトルシガーはフィルター付きのタバコなので肺喫煙が可能

一般的な葉巻にはフィルターがないので、強めのタールを含む煙が肺に飛び込んでくる負担の大きさがネックです。

しかし、ピースリトルシガーはフィルターがついているため、慣れていけば肺喫煙を楽しむこともできます

濃厚な吸いごたえを体感できる肺喫煙であれば、普通のタバコでは物足りない方でも満足できるのではないでしょうか。

ピースリトルシガー全1種類の値段の変化や2022年のタバコ値上げについて解説

ピース リトルシガー コンビニ 値上げ

ピース銘柄を含むリトルシガー全体が、2021年10月のタバコ増税により一斉値上げされたのは記憶に新しいところでしょう。

最後に、2021年10月に行われた値上げ額の詳細や、2022年以降のリトルシガーの値上げ予定について解説します。

ピースリトルシガーは2021年10月のタバコ値上げで値段が70円高くなった

ピースリトルシガーは2021年10月のタバコ増税により、1箱70円値上げされました。

2020年10月の値上げで580円に変更されたあと、翌年の70円の値上げにより、現在は1箱650円で販売されています。

少々高値ではありますが、バージニア葉を100%使った高級感のある吸い心地は他のリトルシガーでは味わえないので、気になる方はぜひ体験してみてください。

ピースリトルシガーは2022年10月のタバコ値上げの対象外

ピースを含むリトルシガーは2020年と2021年に分けてタバコ増税が行われました。

そのため、ピースリトルシガーは2022年10月に行われるタバコ値上げからは対象外となっています。

2022年10月の値上げの対象は加熱式タバコのみとなっており、現時点でリトルシガーが値上げされる予定はありません。

ピースリトルシガー全1種類の味・吸い方・タール量やコンビニ販売情報まとめ

本記事では、ピースリトルシガー全1種類のコンビニ販売情報と味・吸い方・タール量を解説しました。

ピースリトルシガーはコンビニでは販売されていないため、公式のCLUB JTオンラインショップから購入する必要があります。

購入する際は本記事で紹介した吸いごたえの解説や、ユーザーによる口コミ・レビューを参考にしてみましょう。

ピースリトルシガーは厳選されたタバコ葉を贅沢に使用したワンランク上の美味しさが魅力なので、気になった方はぜひ購入してみてください!

ABOUT ME
Avatar photo
コンビニなう編集部
コンビニなう編集部です!セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート等のコンビニに関する最新情報を最速で更新しています。コンビニスイーツからちょっとしたコラムまで記事にしていますよ♪
【全記事対象】3ren setAll
【全記事対象】書き出しBOX挿入フィールド設置
3ren(商標以外)
【CTA】DR.VAPE Model2
シリーズ累計販売1,500万本突破の
「DR.VAPE Model2」が今なら57%OFF!
ドクターベイプモデル2 CTA

Amazon・楽天の年間ランキングで1位、ファミリーマートでも販売されテレビCMも放送中の「DR.VAPE Model2」ドクターベイプモデル2公式サイトなら最安値で購入可能!

1箱で紙巻きタバコ4箱分の高コスパと紙巻きタバコを超える濃厚な吸い応えがあり、お得な値段で他のタバコでは味わえない圧倒的な満足感を体感できます。

全7種類展開中のフレーバーはニコチン・タール等の有害物質0でタバコ臭も一切しないので、健康被害や嫌な臭いを気にせずフレーバーの味を楽しむ事が可能です。

そんな人気沸騰中のDR.VAPE Model2のスターターキットが数量・期間限定の5,420円引きで販売中なので、少しでも気になる方は公式サイトドクターベイプモデル2にアクセス!

書き出しBOX(DRS商標以外)
あわせて読みたい記事