ローソン

ローソンでレターパックは売ってる?買い方から発送方法まで徹底解説

ローソン レターパック

オークションサイトやフリマサイトなどの普及で、個人が手軽に荷物を送れるサービスが増えており、レターパックもその1つとして知られています。

レターパックは日本郵便のサービスで、基本的には郵便局で購入するものですが、郵便局が近くに無いときにローソンなどのコンビニで手に入ったら便利ですよね。

結論から言うと、ローソンの各店舗ではレターパックを購入することができます

今回はコンビニ大手の一角であるローソンにレターパックが売ってるかどうか、また買い方や発送の仕方・利用の際の注意点やポイントも分かりやすく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

ローソンの各店舗にはレターパックライト・プラスは売ってる?

まずは、ローソンでレターパックライト・プラスが売ってるのかどうかについて解説していきましょう。

レターパックの取扱店舗だけでなく、レターパックの種類ごとの特徴、レターパックよりもコンパクトなスマートレターについても分かりやすく解説していきます。

【結論】ローソンはレターパックライト・プラスの取扱店舗

ローソンは日本郵便と提携しているコンビニチェーンの1つで、レターパックライト・プラスを販売している取扱店舗です。

最も一般的な青い看板のローソンはもちろんですが、ローソンストア100やナチュラルローソンでも販売されていますので、地域によっては郵便局よりも購入しやすい店舗と言えるでしょう。

また、ローソンでは店内ポストを設置しているのでレターパックの発送も可能となっており、郵便局に行かなくてもレターパックの手続きが全て完了します。

郵便局とは違って店頭に陳列・展示していないことが多いので、必要な場合はレジの店員さんに聞いてみましょう。

ローソンで販売している2種類のレターパックの詳細

レターパックには、レターパックライトとレターパックプラスという2種類があります。

ローソンでは2種類とも取り扱っていますので、それぞれの特徴や違いについて解説していきましょう。

ローソンで取り扱う2種類のレターパック
  1. レターパックライト:料金370円の青色のレターパック
  2. レターパックプラス:料金540円の赤色のレターパック

ローソンで販売しているレターパックの種類①:レターパックライト

レターパックライトは「青いレターパック」「安い方のレターパック」と呼ばれている商品です。

レターパックプラスと比較すると値段は150円も安く、厚さ3cm以内かつ4kg以内の郵便物で配達方法にこだわらない場合はこちらを選ぶと良いでしょう。

370円という低価格で追跡番号のサービスも付与されているのは嬉しいポイントですね。

値段 370円(税込)
サイズ A4(340mm×248mm)
厚さ制限 3cmまで
重量制限 4kgまで
追跡番号の有無 有り
配達方法 郵便受け
本体の色

ローソンで販売しているレターパックの種類②:レターパックプラス

レターパックプラスは「赤いレターパック」「高い方のレターパック」と呼ばれている商品です。

レターパックライトと比較すると値段は150円高いですが、厚さの制限がなく、ゆうパックや宅配便などと同様に対面での受け渡しを行っています。

分厚い書籍や大量の書類を送る場合や、手渡しで受け取ってほしい場合にはレターパックプラスの方が便利と言えるでしょう。

値段 520円(税込)
サイズ A4(340mm×248mm)
厚さ制限 制限なし
重量制限 4kgまで
追跡番号の有無 有り
配達方法 対面受け取り
本体の色

ローソンでは料金180円のスマートレターも購入できる

ローソンではレターパックよりもコンパクトなスマートレターも購入可能です。

値段はレターパックライトの半額以下である180円です。大きさはレターパックの半分のA5サイズで1kg以内、厚さは2cmまでとなっており、漫画や小説などの書籍やCD・DVDなどを送る際に便利と言えます。

しかし、レターパックと違って追跡番号のサービスがありませんので「ちゃんと届いているか不安…」という人はレターパックを利用する方が良いでしょう。

ローソン以外のコンビニでレターパックは購入できる?

レターパックは日本郵便が提供しているサービスですので、日本郵便と提携しているコンビニであれば購入可能です。

ローソン以外で日本郵便と提携しているコンビニは以下のとおりとなります。

コンビ二名 レターパック取り扱い
セブンイレブン △(一部店舗)
ファミリーマート △(一部店舗)
ミニストップ
セイコーマート
デイリーヤマザキ

上記のコンビニの中でも、ミニストップ・セイコーマート・デイリーヤマザキが日本郵便と提携していますので、ローソンと同様にレターパックの購入・発送が可能です。

ご自宅の近所にローソンが無いという人は、ミニストップ・セイコーマート・デイリーヤマザキも視野に入れてみると良いでしょう。

ローソンのレターパックライト・プラスの買い方・支払い方法を解説

ローソン レターパック 購入方法

ここからはローソンでのレターパックライト・プラスの買い方や支払い方法について解説していきます。

購入時のコツやポイントを分かりやすく書いていきますので、スムーズに購入できるように学んでおきましょう。

ローソンで売ってるレターパックライト・プラスの買い方

ローソンで売ってるレターパックライト・プラスの買い方は至ってシンプルで、レターパックが欲しい旨をレジの店員さんに伝えるだけです。

一般的な商品とは違って店頭に陳列されていないケースがほとんどですので、「レジの店員さんに直接伝える」ということを頭に入れておきましょう。

また、購入の際はレターパックライトとレターパックプラスのどちらが欲しいのかも伝える必要があります。

正式名称を伝えるのが無難ですが、店員さんによっては「青い方のレターパック」「値段が高いレターパック」といったように色や料金で伝えたほうが伝わりやすい場合もありますので、あわせて覚えておきましょう。

ローソンのレターパックライト・プラスは現金でのみ支払い可能

ローソンのレターパックライト・プラスを購入する際の支払い方法は現金のみとなっています。

セブンイレブンやファミリーマートの場合は支払いにnanaco、ファミペイが使えますが、ローソンでは現金以外使えませんので、購入の際は現金を用意してレジに行きましょう。

支払いにPontaポイントを使用することもできないので、注意が必要です。

ローソンではレターパックをペイペイなどの電子マネーで購入できない

最近ではキャッシュレス化が進み、ペイペイなどのQRコード決済も普及していますが、レターパックの購入に電子マネーやQR決済は一切使用できません

同様にクレジットカードやクレジットカードに付随する楽天ペイ、Amazonペイ等の決済方法も使用不可となっていますので、購入の際は必ず現金を用意しましょう。

もし、どうしてもレターパックの購入に電子マネーなどを使用したい方は郵便局もしくは、セブンイレブン・ファミリーマートなどのコンビニでレターパックを購入することをおすすめします!

ローソンで購入したレターパックライト・プラスの発送方法を解説

ローソン レターパック 発送

続いてレターパックの発送方法についても学んでおきましょう。

レターパックを発送するまでの手順やローソンの店内ポストについて解説していきます。

発送するにあたって初心者がミスしやすいポイントもありますので、ぜひご一読ください。

レターパックに宛名を記入してポストに投函する

まずはレターパックの記入欄の書き方ですが、郵便や宅急便などと同じようにお届け先や依頼人の郵便番号・住所・名前・電話番号を記入します。

そして、郵送物を入れて封を閉じ「ご依頼主様保管用シール」を剥がしてポストに投函します。

この時に、ご依頼主様保管用シールを剥がし忘れると追跡番号が確認できず、郵便物の追跡ができなくなりますので注意しましょう。

ローソンには店内ポストがあるのでレターパックを購入してその場で発送できる

ローソンではレターパックを販売しているだけでなく、レターパックを投函するためのポストも用意されています。

つまり、レジでレターパックを購入し、店内のスペースで記入・梱包を行い、その場で発送することも可能というわけですね。

レターパックを出すために郵便ポストを探したり、郵便局に備え付けられているポストを利用するのでは便利さも半減ですので、ローソンで購入したレターパックのメリットを最大限に活かすために店内ポストを活用しましょう。

ローソンで販売しているレターパックライト・プラスの3つの注意点

レターパック ローソン 注意点

最後にローソンで販売しているレターパックライト・プラスを利用する際の注意点を3つ紹介していきます。

こちらも覚えておくと実際に購入・発送する際の失敗を未然に防ぐことができますので、しっかり学んでおきましょう。

レターパックライト・プラスの3つの注意
  1. サイズや大きさ次第ではポストの投函口に入らな
  2. 早く届けたいレターパックは郵便局で発送する
  3. ローソンではレターパックの受け取り指定はできない

注意点①:サイズや大きさ次第ではポストの投函口に入らない

レターパックといえばポストに投函できることが強みの1つですが、サイズや大きさによってはポストの投函口に入らないケースもあります。

ポストの投函口は3.4もしくは4cmとなっており、3cmの厚さ制限があるレターパックライトは大丈夫ですが、厚さ無制限のレターパックプラスに3.4cmあるいは4cmを超える厚さのものを入れた場合は投函口に入らない可能性が高いです。

しかし、郵便局の窓口や自宅集荷からの発送は可能ですので、ポストに投函できない場合は郵便局に持ち込むか自宅へ集荷に来てもらうよう依頼しましょう。

注意点②:早く届けたいレターパックは郵便局で発送する

「速達なみの速さで届く」と定評のあるレターパックですが、より早く届けたい場合は郵便局での発送がおすすめです。

というのも、屋外の郵便ポストは1日に最大で4回の集荷が行われますが、郵便局の店頭ではリアルタイムに郵便物を受け付けてくれます。

また、ローソンの店内ポストの集荷は1日2回ですので、配達が遅れるリスクが最も高い方法と言えるでしょう。

急ぎの場合は郵便局に持ち込む」と頭に入れておくことが大切です。

注意点③:ローソンではレターパックの受け取り指定はできない

通販やフリマサイトなどで活用されている「コンビニ受け取り」ですが、ローソンではレターパックを受け取ることはできません

ゆうパックのコンビニ受け取りができることから「レターパックも受け取れるのでは?」と考えがちですが、ローソンのレジでできるレターパックの手続きは購入のみで、発送も店内ポストへの投函以外は不可となっています。

ゆうパックとレターパックでは利用できるサービスが異なるということをきちんと理解しておきましょう。

ローソンでレターパックは売ってる?買い方から発送方法まとめ

今回は、ローソンで販売しているレターパックライト・プラスの買い方や発送方法について解説してきました。

ポストに入らない厚みのある荷物を発送したり、届く速さを追求するのであれば郵便局を利用する必要がありますが、そうでなければローソンだけでレターパックの購入から発送までを完結させられることが分かりましたね。

料金以上の配送料も掛からず追跡も可能ですので、「ゆうパックだとサイズが大きすぎる」というときにも役立つこと間違いなしでしょう。

これからレターパックの利用を検討している方は、ぜひ近所にあるローソンの店舗を活用してみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
ローソン女子
ローソン女子
コンビニなう専属のローソンに関する記事を書く20代女性コンビニライター。元ローソン店員というメリットを生かし、ローソンのおすすめ商品や便利でお得な最新情報などをお伝えしていきます!
【全記事対象】3ren setAll
【全記事対象】書き出しBOX挿入フィールド設置
3ren(商標以外)
【CTA】DR.VAPE Model2
シリーズ累計販売1,500万本突破の
「DR.VAPE Model2」が今なら57%OFF!
ドクターベイプモデル2 CTA

Amazon・楽天の年間ランキングで1位、ファミリーマートでも販売されテレビCMも放送中の「DR.VAPE Model2」ドクターベイプモデル2公式サイトなら最安値で購入可能!

1箱で紙巻きタバコ4箱分の高コスパと紙巻きタバコを超える濃厚な吸い応えがあり、お得な値段で他のタバコでは味わえない圧倒的な満足感を体感できます。

全7種類展開中のフレーバーはニコチン・タール等の有害物質0でタバコ臭も一切しないので、健康被害や嫌な臭いを気にせずフレーバーの味を楽しむ事が可能です。

そんな人気沸騰中のDR.VAPE Model2のスターターキットが数量・期間限定の5,420円引きで販売中なので、少しでも気になる方は公式サイトドクターベイプモデル2にアクセス!

書き出しBOX(DRS商標以外)