コンビニコラム

コンビニ店外にゴミ箱がない?店内にゴミ箱を移動・撤去した理由は?

コンビニ ゴミ箱

以前はコンビニの店外にあったはずのゴミ箱ですが、今ではほとんどの店舗が店内に移動していますよね。

「コンビニはなんのために外のゴミ箱を店内に移動・撤去したんだろう?」と、なぜ店外から店内へと移動することになったのか気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、コンビニ店外のゴミ箱が移動・撤去となった理由や背景について詳しく解説していきます。

また、店外ゴミ箱の移動や撤去に対しての利用者の口コミなども交えて解説しますので、気になる方はぜひ最後までご覧ください。

目次

コンビニ店外にゴミ箱がない?ゴミ箱を設置しないのは義務違反?

コンビニ店外 ゴミ箱 無い

便利だった店外のゴミ箱が撤去されて不便になってしまったと感じている方もいるでしょう。

そもそもコンビニのゴミ箱設置は義務なのか、また何のために置かれているのかという背景から解説していきます。

コンビニ店外にゴミ箱を設置するのは義務ではなく、あくまでコンビニ側の配慮

コンビニ店外にゴミ箱が設置されていたのは義務ではなく、コンビニ側の配慮によるものです。

コンビニを利用したお客さんがゴミを持ち帰るのは不便ですから、快適に利用してもらえるようにとお店側の厚意によって置かれています。

ですので、店外にゴミ箱がなかったとしても義務に違反しているということはなく、端的に言えば置くも置かないもお店の自由ということですね。

利用者からすればコンビニのゴミ箱を使わせてもらえるだけありがたいものなので、店外にゴミ箱がないからと言って激しいクレームを入れたりするのはやめましょう。

ほとんどのコンビニが店外ゴミ箱の移動・撤去をしている

現在ではほとんどのコンビニで店外のゴミ箱を移動・撤去されているので、そういえば見かけなくなったと感じる方も多いのではないでしょうか。

店外のゴミ箱を移動・撤去されているのは、ゴミ箱を店外に置かないことでお店側が得られるメリットがかなり多いことが判明したからです。

コンビニ店外のゴミ箱はほとんどなくなりましたが、代わりにほぼ全てのコンビニには店内ゴミ箱が設置されており、今も変わらずゴミを捨てることはできます。

コンビニのゴミ箱に「なんでも捨てていい」は間違い

コンビニのゴミ箱にはなんでも捨てていいと考えている方もいるようですが、捨てるものによっては違法行為となる可能性があります。

なぜなら、コンビニのゴミ箱に家庭ゴミを捨てるなどの行為は不法投棄に該当し、違法行為として処罰される可能性がある行為だからです。

自宅で出たゴミはもちろんのこと、コンビニで買った商品を自宅に持ち帰るとその商品から出たゴミも家庭ゴミとなるので注意してください。

不法投棄は「5年以下の懲役または1,000万円以下の罰金」が科せられますので、コンビニの利用中に出たゴミ以外はコンビニのゴミ箱に捨てないようにしましょう。

コンビニ店外のゴミ箱の移動・撤去は新型コロナの感染リスクを高める?

お店にとって様々なメリットがある店内ゴミ箱の設置ですが、新型コロナウイルスの感染リスクがある点は大きなデメリットです。

感染者が口にしたものを店外ゴミ箱に捨てるよりも、店内ゴミ箱に捨てるほうがコロナ感染やクラスター発生のリスクが高いですよね。

そのため、コロナが流行しはじめた2020年では多くのコンビニチェーンがトイレやゴミ箱の利用を一時的に中止していました。

現在はトイレやゴミ箱の利用を再開しているコンビニも増えてきていますが、コロナ感染者数の増減によっては再度全面的に中止される可能性もあるでしょう。

コンビニ店内にゴミ箱を移動・撤去したのはなんのため?7つ理由を解説!

なぜ ゴミ箱 理由

お店の外に置いてあるのが当たり前だったゴミ箱が、急に店内に設置されるようになった理由が気になりますよね。

ここからは、コンビニ店外のゴミ箱がなんのために店内に移動・撤去されたのかという理由についてそれぞれ解説します。

店外ゴミ箱移動・撤去理由①:イートインスペースが設置されたため

店外のゴミ箱が移動している理由として、イートインスペースを設置していることが挙げられます。

店内で食事をしたあとに一息つきたいとなったとき、わざわざゴミを店の外に出て捨てに行くのは面倒くさいですよね。

イートインがなかった時代は車の中で食事を済ませて、店外のゴミ箱に捨てに行くという人が多くいました。

しかし、最近は店内の快適な空調の中で食事ができることからイートインの利用者も増えており、店内にゴミ箱を設置してほしいという利用者の声も多く上がっていることも理由のひとつです。

店外ゴミ箱移動・撤去理由②:不審物を捨てられないようにするため

お店や利用者の安全性を確保するために不審物を店外ゴミ箱に捨てられないように対策したことも、店外のゴミ箱が移動・撤去された理由のひとつです。

コンビニの店外にゴミ箱を設置することが当たり前だった時代には、傷害や殺人事件の犯罪証拠がコンビニのゴミ箱に不法投棄されていたケースなどもありました。

誰でも気軽に捨てられるからこそ、誰が何を捨てるのか分からないという不安やリスクが常につきまとうことになります。

治安の悪化を防ぎ利用者を守るという観点からも、コンビニ店外ゴミ箱の移動や撤去が推し進められているということですね。

店外ゴミ箱移動・撤去理由③:家庭ごみの持ち込みが増えたため

店外にゴミ箱を設置していると、家庭ゴミの持ち込みが増加するという問題がありました。

コンビニへ家庭ゴミを持ち込むことは不法投棄や営業妨害などの罪に問われる可能性があり、実際に家庭ゴミの持ち込みによって逮捕者が出たこともあります。

店外ゴミ箱だと店員さんの目を気にせずに捨てられてしまいますが、店内に家庭ゴミを持ち込むとかなり目立ちますから、家庭ゴミの持ち込み件数はかなり減少しているようです。

軽い気持ちで自宅で出たゴミをコンビニに捨てに行くと、場合によっては厳重注意を受けたり警察を呼ばれる可能性があるのでやめておきましょう。

店外ゴミ箱移動・撤去理由④:コンビニの景観を保つため

店外のゴミ箱に大量のゴミが入れられていたり、投函口からペットボトルゴミが突き出していると景観も悪くなりますよね。

ゴミ箱がいっぱいになっているとゴミ箱の上や付近にゴミを放置していく人もいますし、ゴミ箱周りに若者がたむろしていることもありました。

遠目から見たお店の雰囲気が悪化することでお客さんがお店に入りづらくなってしまうと、お店の売り上げが低下してしまいます。

店外ゴミ箱を移動・撤去したことによりお店の景観が保たれて、お客さんがお店に入りやすくなることにも繋がりました。

店外ゴミ箱移動・撤去理由⑤:ゴミ袋の交換する手間を減らすため

店外ゴミ箱を店内に移動させることによって、店員さんがゴミ袋を交換する手間を減らすことにも成功しました。

人が多いコンビニだと1日に10回以上ゴミ袋を交換することもあり、そのたびにわざわざ店外に出て交換すると冬の寒い日や悪天候の日だと店員さんにも負担になってしまうでしょう。

店内ゴミ箱であれば、ワンオペ勤務であったとしてもゴミ捨てで店を空ける必要がなくなり、防犯にもなりますので一石二鳥です。

このように、ゴミ箱をコンビニ店内に設置することは店員さんの負担軽減と防犯にも良い影響を与えてくれ、スタッフさんが仕事をしやすい環境整備にも繋がっていますね。

店外ゴミ箱移動・撤去理由⑥:ゴミを処分するコストを削減するため

コンビニの店外ゴミ箱をやめて家庭ゴミの持ち込みを減らすことは、お店がゴミ処分するコストを削減することにも繋がります。

先ほど解説したようにコンビニ店内に家庭ゴミを持ち込む人は少ないため、結果的にお店が処分するゴミの量そのものが減少しました。

ゴミを処分するのにも店員さんや回収業者への人件費などが発生しますし、ゴミ袋代も浮きますのでかなりのコスト削減になります。

逆に言えば、家庭ゴミを捨てることはコンビニに余計な金銭負担を生じさせたことで不法投棄の罪を問われることになるので、絶対にやってはいけません。

店外ゴミ箱移動・撤去理由⑦:入店ついでに商品を買ってもらうため

店内にゴミを捨てるために入店したことで、申し訳ないから何か買っておこうという「ついで買い」を誘うという狙いもあります。

コンビニに立ち寄りトイレを利用した後などに、ガムだけでも買っていこうかなといった気持ちになることがありますよね。

トイレを利用した時の「お店に申し訳ない」「ちょっとした恩返し」のような心理効果を、コンビニ店内のゴミ箱でも同様に狙っているということです。

実際にゴミを処分するのはお店に負担がかかるわけですから、ゴミを捨てたら少しでも買い物をするのはコンビニを利用する際のマナーのひとつと言えるでしょう。

コンビニの店外ゴミ箱の移動・撤去に対する利用者の口コミ・反応

ゴミ箱撤去 移動 口コミ

コンビニの店外ゴミ箱を移動・撤去するコンビニ側の視点でメリットや目的を解説しましたが、ゴミ箱の移動をお客さんはどのように感じているのでしょうか?

ここからはTwitterの口コミを参考に、店外ゴミ箱の移動・撤去の反対派と賛成派の声をそれぞれ紹介していきます。

【反対派】店外ゴミ箱移動・撤去に対する利用者の口コミ・反応

【賛成派】店外ゴミ箱移動・撤去に対する利用者の口コミ・反応

コンビニ店外のゴミ箱移動・撤去は不便になるとの声が多い

コンビニ店外のゴミ箱の移動・撤去に関しては、不便さから反対派の声が多いという印象を受けました。

徒歩や車で立ち寄った時に店外のゴミ箱に気軽に捨てられる便利さを知っていたら、そのように感じるのも無理はありませんよね。

しかし、店内ゴミ箱に変更したことでお店が得られるメリットはあまりにも多いので、今後コンビニが店外ゴミ箱を設置することは考えにくいでしょう。

そもそもがお店の厚意によって設置しているゴミ箱なので、たとえ不便であったとしても今後はコンビニ店内のゴミ箱へ捨てることに慣れるしかありません。

新型コロナウイルス対策でコンビニのゴミ箱やトイレが使えないと話題!

コロナ対策 トイレ コンビニ

コンビニのトイレやゴミ箱を利用したかったのに、コロナ対策で使えないようになっていて困った経験がありませんか?

最後に、コロナでコンビニのトイレやゴミ箱が使えなくなった問題と、現在の利用状況について解説していきます。

コロナ対策でコンビニ店舗によってはゴミ箱やトイレなどが一時使用中止となった

コロナ対策として、コンビニチェーンによってはゴミ箱やトイレが全面的に一時使用中止となったことは記憶に新しいところです。

店内のゴミ箱に感染者が口をつけたものを捨てられてしまうとクラスターが発生する可能性がありましたので、コンビニ側の立場としては仕方のない判断だと言えるでしょう。

そのため、ローソンではトイレやゴミ箱の利用を全店で禁止したほか、セブンイレブン・ファミリーマート・ミニストップは店舗判断で禁止という形をとっています。

コンビニの店外に設置していればゴミ箱は引き続き利用できていた可能性があるので、結果的に一部のお客さんに不便さを強いる形となってしまいました。

ローソンはトイレなどを全面中止を発表したが、現在は一部使用可能

ローソンはトイレなどの全面中止を発表していましたが、現在は一部店舗で利用可能となっています。

やはりトラックドライバーの方などが休憩を取ることができず、郊外などのコンビニの少ない地域ではトイレが利用できないことに不満の声が多く上がっていました。

現在は感染防止策を徹底するなどして幹線道路や郊外のコンビニなど、一部の店舗で引き続きトイレ・ゴミ箱を利用可能です。

コンビニ店外にゴミ箱がない?店内にゴミ箱を移動・撤去した理由まとめ

今回の記事では、コンビニ店外のゴミ箱が移動・撤去された理由について詳しく解説しました。

家庭ゴミや不審物の不法投棄を防ぐことやゴミ処理のコスト削減といった理由から、現在はほとんどのコンビニが店内ゴミ箱に移行しています。

ただし新型コロナウイルスの感染リスクにより、状況によってはゴミ箱を利用できなくなることがあるので、その点はデメリットと言えるでしょう。

コンビニ店外のゴミ箱がなくなったことで不便に思う利用者もいるようですが、ゴミ箱はコンビニの厚意で設置されているものなので、マナーを守って正しく利用しましょう!

ABOUT ME
コンビニなう編集部
コンビニなう編集部です!セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート等のコンビニに関する最新情報を最速で更新しています。コンビニスイーツからちょっとしたコラムまで記事にしていますよ♪
【全記事対象】3ren setAll
3ren (商標以外)
【CTA】Drs-typeX(商標以外)
コスパ最強の新型電子タバコ「Dr.Stick type-X」が今なら79%引き! ドクタースティックタイプエックス CTA

圧倒的人気を誇る電子タバコDr.Stickから「Dr.Stick type-X(ドクタースティックタイプX)」が新発売!累計1,000万個を売り上げた旧型から全てがパワーアップしています。

なんと1箱で紙巻きタバコ30箱相当吸える絶大なコスパを誇ります!旧型の4倍以上の吸引回数を実現し、正真正銘コスパ最強の電子タバコとして多くの喫煙者に愛されています。

また、30日間全額返金保証付きで購入分を使い切っても不満があれば返金を求める事が可能です!更に、有害物質ゼロなので病気の心配が不要な上にタバコ臭も一切しません。

そんなDr.Stick type-Xが、今なら79%オフの2,980円で購入可能です。通常なら有り得ない破格の割引なので、気になった方は今すぐ公式サイトをチェックしてみて下さい!

【全記事対象】書き出しBOX挿入フィールド設置
SUPARI誘導
あわせて読みたい記事