ファミリーマート

ファミマにレターパックは売ってる?購入から投函までの注意点も解説

A4サイズの荷物を送るときに便利なレターパックは、リーズナブルな値段で荷物を発送できるのが魅力です。

しかし、郵便局は営業時間が短いため「郵便局ではなく近くのファミリーマートで売ってると便利かも…」と思っている方も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、ファミリーマートではレターパックを販売していますが、すべての店舗で取り扱いしているわけではないので注意が必要です。

この記事では、ファミマでのレターパックの購入方法や投函の手順、利用する際の注意点についてご紹介するので、ぜひ最後まで参考にしてみてください!

目次

ファミリーマートでレターパックライト・プラスは売ってる?

レターパックは「レターパックライト」「レターパックプラス」の2種類が販売されており、どちらもファミリーマートの取り扱い店舗で購入することができます。

しかし、一部店舗で取り扱いがありますが、全てのファミマ店舗で販売されているわけではないため、購入を考えている時には注意が必要です。

まずは、レターパックの取り扱いのあるファミマ店舗の確認方法やレターパックライト・プラスの特徴について詳しく解説していきましょう。

ファミリーマートは店舗によりレターパックライト・プラスの取り扱いがある

ファミリーマートでは、一部店舗でレターパックを取り扱っていますが、多くの店舗では取り扱いがありません

利用を考えている方は、事前にレターパックを販売しているかどうか店頭や電話で確認しておくことをおすすめします。

取り扱いがない場合は、ファミリーマートの他店舗や取り扱いがある他のコンビ二、郵便局窓口での購入も合わせて検討するといいでしょう。

ファミリーマートで売ってる2種類のレターパックを徹底解説

ファミリーマートのレターパック取り扱い店舗では「レターパックライト」「レターパックプラス」の2種類のレターパックを販売しています。

ここでは2種類のレターパックの特徴や違いを解説していくので、違いが分からない方や利用内容によって賢く選択したい方はぜひ参考にしてくださいね。

ファミマで買える2種類のレターパック
  1. レターパックライト:料金370円の青色のレターパック
  2. レターパックプラス:料金540円の赤色のレターパック

ファミリーマートで売ってるレターパック①:レターパックライト

レターパックライトは、370円というリーズナブルな値段でA4サイズの軽量・コンパクトな荷物を送ることが出来るということが特徴です。

重さは4kg以内で厚さは3cm以下、追跡番号も付いているため発送後に配送状況の確認もできます。

配達方法は郵便受け投函型なので対面受け渡しではありませんが、よりリーズナブルな値段で荷物を送りたい方におすすめの郵便サービスですね。

値段 370円(税込)
サイズ A4(340mm×248mm)
厚さ制限 3cmまで
重量制限 4kgまで
追跡番号の有無 有り
配達方法 郵便受け
本体の色

ファミリーマートで売ってるレターパック②:レターパックプラス

レターパックプラスは、荷物の厚さ制限がなく配達方法が対面受け取り型なので、レターパックライトと比べるとサービス内容が充実しています。

料金は520円と多少高くなりますが、厚みのある荷物を送りたい時や対面で受け取ってもらいたい大切な荷物を送る時に適しているでしょう。

追跡番号がもあり安心して荷物を送れることが魅力ですが、値段や制限が異なるため、荷物の種類や利用するシチュエーションによって「レターパックライト」「レターパックプラス」の2種類を使い分けるようにしてください。

値段 520円(税込)
サイズ A4(340mm×248mm)
厚さ制限 制限なし
重量制限 4kgまで
追跡番号の有無 有り
配達方法 対面受け取り
本体の色

ファミリーマートは一部店舗で180円の「スマートレター」も販売している

スマートレターは180円というリーズナブルな値段でA5サイズ・厚さ2cm・重さ1Kgまでの軽量・コンパクトな荷物が送れるサービスです。

ファミリーマートの一部店舗ではスマートレターの取り扱いもあり、レターパックライトよりも小さい荷物を送りたい時に重宝します。

取り扱い店舗が限られているため、スマートレターの利用を考えている方は電話や店頭で取り扱いがあるかどうか事前に確認しておくと良いでしょう。

ファミリーマート以外のコンビニでもレターパックライト・プラスを販売している?

結論から言うと、ファミリマート以外のコンビ二でもレターパックライト・プラスの取扱いがあるので、他のコンビニでも購入することができます。

ローソン・ミニストップ・セイコーマート・デイリーヤマザキでは全店舗で取り扱いがあり、セブンイレブンでは一部店舗で購入が可能です。

セブンイレブンでは現金の他にnanacoでの支払いも可能ですが、ローソン・ミニストップ・セイコーマート・デイリーヤマザキでの購入は現金のみ対応しているため購入時には注意しましょう。

コンビ二名 レターパック取り扱い
セブンイレブン △(一部店舗)
ローソン
ミニストップ
セイコーマート
デイリーヤマザキ

ファミリーマートのレターパックライト・プラスの購入・支払方法

ファミマ レターパック 購入

ここでは、ファミリーマートでレターパックを購入する手順と支払い方法を詳しく解説します。

支払い方法に関しては、電子マネーやクレジットカードなどキャッシュレスに対応しているかどうか気になっている方もいるのではないでしょうか。

レターパックライト・プラスを店頭でどのように購入すればいいのか分からない、支払い方法を詳しく知りたいという方は参考にしてくださいね。

ファミリーマートのレターパックライト・プラス購入方法

ファミリーマートでレターパックを購入する場合は、レジで直接購入しましょう。

店員さんに「レターパックライトをください」と伝えると購入する商品を出してもらえますが、レターパックライト・プラスの商品名ではなく「色」や「値段」で覚えている可能性が高いです。

「青色のレターパックライトをください」「赤色の高い方のレターパックお願いします」と封筒のカラーも一緒に伝えると、より分かりやすく間違いも少ないでしょう。

あとは商品を受け取り、レジで支払いを済ませるだけなので、夜間や休日など郵便局が開いていない時間帯には便利ですね。

ファミリーマートでは現金・ファミペイ・ファミマTカードでのみ購入可能

ファミリーマートでレターパックを購入する時の支払い方法は「現金」「ファミペイ」「ファミマTカード」の3種類から選択できます。

ファミマTカードを使用した場合は200円ごとに1ポイントが付与されるため、お得に購入したい方やTポイントを集めている方におすすめです。

ローソンやミニストップなどその他のコンビ二では現金支払いのみですが、カードや電子マネーを使用して購入したい場合はファミリーマートで購入するのがおすすめです。

クレジットカードやpaypayなどの電子マネーではレターパックを購入できない

ファミリーマートでは、クレジットカードやpaypayなどの電子マネーを利用してレターパックを購入することはできません。

どうしても電子マネーを利用してレターパック代金を支払いたい方は、ファミペイを利用するようにしましょう。

コンビニでの支払いはクレジット払いや電子マネーを利用している方も多いですが、レターパック購入時にはクレジット払いや電子マネーを使用できないため注意してください。

ファミリーマートで購入したレターパックの発送方法・出し方

レターパック 投函

ファミリーマートで購入したレターパックの発送方法について詳しく解説します。

レターパックはリーズナブルな料金で荷物が送れる便利なサービスですが、いまいち発送方法が分からないという方は発送の手順を事前に確認しておきましょう。

ファミリーマートで購入したレターパックはポストに投函して発送する

レターパックの発送方法は、郵便ポストに投函するもしくは郵便局の窓口で発送(プラスのみ自宅集荷可)する方法の2種類から選択できます。

宅急便のようにコンビ二で荷物の引き受けはしてもらえないため、注意しましょう。

ポスト投函の場合は厚さや重量に問題がないかなど、発送前に忘れず確認しておくようにしてくださいね。

ファミリーマートのレジからはレターパックを発送できない

ファミリーマートでレターパックを購入し、そのままレジで発送を依頼することはできません

というのも、レターパックはポスト投函して発送する必要がありますが、ファミリーマートの各店舗では店内ポストを設置していないからです。

ファミマの周辺にポストが設置されている場合は購入後すぐに発送ができますが、周辺にない場合は最寄の郵便ポストに投函するか、郵便局窓口での発送・自宅に集荷に来てもらうなどしましょう。

ファミリーマートでレターパックを利用する時の4つの注意点を徹底解説

ファミマ レターパック 注意点

ファミリーマートでレターパックを利用する時に気をつけたい、購入時・発送時の注意点を4つご紹介します。

レターパックはファミリーマートの店舗で購入できますが、発送・受け取りなど一貫してできないことがデメリットです。

お急ぎの方や初めてレターパックを利用する方は、不備がないように注意点を事前に確認しておくことをおすすめします。

レターパックの4つの注意点
  1. レターパックの厚さ次第ではポストへの投函ができない
  2. 「ご依頼主様保管用シール」がないとレターパックの発送後に追跡できな
  3. レターパックを早く届けたい場合は郵便局から発送するのがおすすめ
  4. ファミリーマートの店頭ではレターパックライト・プラスの受け取りはできない

注意点①:レターパックの厚さ次第ではポストへの投函ができない

レターパックライトは厚さ3cm以内という制限がありますが、レターパックプラスには厚さ制限がないため、厚みのある荷物を発送することもありますよね。

しかし、一般的なポストは厚みが約3.5~4cmとなっているため、厚みのあるレターパックプラスはポストに入らず投函ができない可能性があります。

4cm以上のレターパックプラスを発送する場合は、郵便局窓口に直接行くか自宅へ集荷に来てもらうようにしましょう。

注意点②:「ご依頼主様保管用シール」がないとレターパックの発送後に追跡できない

レターパックの特徴として追跡サービスを利用できますが、発送後に荷物追跡を行うためには「ご依頼主様保管用シール」を発送時には忘れずにはがし、手元に残して置く必要があります。

ご依頼主様保管用シールは追跡確認必要な番号が記載されており、レターパックの表面に張られています。

もし忘れてしまった場合も荷物は問題なく届きますが、荷物追跡サービスを利用したい方は発送前にシールを剥がしたかどうか確認しておくことをおすすめします。

注意点③:レターパックを早く届けたい場合は郵便局から発送するのがおすすめ

レターパックライト・プラスを早く届けたい方は、ポスト投函ではなく郵便局から発送する方法がおすすめです。

というのも郵便ポストに投函した場合は、各ポストによって集荷時間・集荷回数が異なるので発送が遅くなってしまう可能性があります。

郵便局によっては土日祝日も窓口が空いている店舗もあるので、急いでいる時には郵便局に直接持ち込むようにしましょう。

注意点④:ファミリーマートの店頭ではレターパックライト・プラスの受け取りはできない

ファミリーマートをはじめとしたコンビニでは、レターパックライト・プラスは宅急便のように店頭での受け取りはできません

基本的にレターパックライトは郵便受け、レターパックプラスは対面受け取りのみに対応しています。

受け取り方法の指定がない場合は問題ありませんが、相手がコンビ二受け取りを希望している場合や指定日時に届けたい場合はレターパックではなく宅急便の利用がおすすめです。

ファミマにレターパックは売ってる?購入から投函までの注意点まとめ

ファミリーマートでのレターパックの購入方法や発送方法について詳しく解説しました。

リーズナブルな価格で気軽に荷物が発送できるレターパックは、ファミリーマート全店舗ではありませんが一部の店舗で購入できます。

レターパックの購入が可能な店舗でも発送までは出来ないため、購入時・発送時に手順に注意する必要があります。

ファミリーマートでレターパックが購入・発送できるのか気になっていた方は、記事を参考にして便利なレターパックの郵便サービスを有効的に活用してくださいね。

ABOUT ME
ファミマキャット
ファミリーマートでの勤務経験がある30代女性ライター。ファミチキラブ。お弁当やサンドイッチなどの一押し商品に加えて、ファミリーマート独自のお得情報を随時発信していきます!
【全記事対象】3ren setAll
3ren (商標以外)
【CTA】Drs-typeX(商標以外)
コスパ最強の新型電子タバコ「Dr.Stick type-X」が今なら79%引き! ドクタースティックタイプエックス CTA

圧倒的人気を誇る電子タバコDr.Stickから「Dr.Stick type-X(ドクタースティックタイプX)」が新発売!累計1,000万個を売り上げた旧型から全てがパワーアップしています。

なんと1箱で紙巻きタバコ30箱相当吸える絶大なコスパを誇ります!旧型の4倍以上の吸引回数を実現し、正真正銘コスパ最強の電子タバコとして多くの喫煙者に愛されています。

また、30日間全額返金保証付きで購入分を使い切っても不満があれば返金を求める事が可能です!更に、有害物質ゼロなので病気の心配が不要な上にタバコ臭も一切しません。

そんなDr.Stick type-Xが、今なら79%オフの2,980円で購入可能です。通常なら有り得ない破格の割引なので、気になった方は今すぐ公式サイトをチェックしてみて下さい!

【全記事対象】書き出しBOX挿入フィールド設置
書き出しBOX(商標以外)
あわせて読みたい記事